仙台七夕祭りに浴衣で行くのはOK?浴衣の着付けができる場所は?

お祭り

浴衣ってなかなか普段着る機会がないから、仙台七夕まつりには浴衣を着て行きたいですよね。

でも、浴衣を着て行って周りから浮いてしまったらどうしようと不安になりませんか?

今回は仙台七夕まつりに浴衣を着ていくのはOKなのか、浴衣の着付けをしてもらえる場所はあるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

仙台七夕祭りに浴衣で行くのはどう?

仙台七夕まつりでは、前夜祭の花火大会はもちろん、七夕まつりでも浴衣を着ている人はたくさんいます。

夕方以降じゃなくても、日中のお昼くらいの時間帯でも浴衣を着て歩いている方は多く見かけます。

商店街のお店の店員さんたちも七夕まつりのときには浴衣を着ている方も多いですし、浴衣で行っても全然おかしくないですよ。

浴衣でおしゃれして七夕まつりを楽しみましょう(⌒∇⌒)

 

【暑さ対策と着崩れには注意!】

 

◆暑さ対策

浴衣は洋服よりも暑いので、日中や気温の高い日に着る場合は暑さ対策をしておくのがおすすめです。

こまめに水分補給をしたり、うちわや保冷剤などを活用して熱中症にならないように気を付けてくださいね。

保冷剤はタオルに包んで首などに当てたり、手で持っているだけでも暑さが和らぎます。

男性用の汗をかいたときに使うボディペーパー(拭きとるだけでスースーするもの)もおすすめです。

首やうなじを拭くだけでスースーしますので、ちょっと涼しくなります♪

 

◆気崩れにも注意

人混みを歩いていると、浴衣が着崩れてしまうことがあります。

洋服のときの感覚で歩いたり座ったり腕を上げたりすると着崩れてしまいますので、動き方にも気を付けましょう。

CHECK!>>浴衣を着ている時のトイレの行き方!女性が着崩れないコツは?

浴衣を着たままトイレに行っても、気を付けていれば着崩れしないので大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

仙台七夕祭りの近くで浴衣の着付けをしてもらえる?

浴衣は着たいけど、遠くから浴衣を着て移動するのが大変という方は、会場近くで浴衣の着付けをしてもらうのもアリです。

浴衣を着たまま長距離移動するのは結構大変ですので、楽な服装で行って仙台で着付けをしてもらって七夕まつりを楽しむのも良いでよね(⌒∇⌒)

仙台七夕祭りの期間中は、仙台駅周辺や七夕会場近くの美容院などで浴衣を着付けをしてくれるところが幾つもあります。

ホットペッパービューティーなどで探すとすぐに見つかりますよ。

ホットペッパービューティーはこちら

着付けは予約が必要ですし、一日に受付できる人数には限りがありますので、早めに予約しておくのがおすすめです。

 

【持ち物は事前に確認を!】

 

美容室によって着付けに必要な物が違いますので、当日に困らないように持ち物は事前に確認しておきましょう。

浴衣を着る際には浴衣や帯の他に、腰ひもやタオルが必要です。

お店によっては帯板やコーリンベルトが必要になりますので、ない物は事前に用意する必要があります。

メイクやヘアセットもしてもらえるお店もありますので、希望する方は予約をする際に確認しておくと良いですよ。

メイクをしてもらう場合は化粧品はお店のものを使うことが多いですが、持参した化粧品を使ってくれるところもありますので相談してみると良いと思います。

どうしても夏場は汗でメイクが崩れてしまいますので、自分の化粧品を使った方がお化粧直しがしやすいと思います。

まとめ

仙台七夕祭りは昼間でも浴衣を着ている方が多くいるので、浴衣で行っても悪目立ちしたり浮いたりすることはないと思います。

浴衣で楽しんできてくださいね。

CHECK!>>浴衣へのバッグの合わせ方!巾着以外は?合わないものは?

CHECK!>>浴衣の足元で下駄の代わりになるものは?サンダルでもいい?

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました