日比谷公園盆踊り2017の日程と時間は?屋台はどれくらい出る?

お祭り

夏にはあちこちで盆踊り大会が行われますが、東京都の日比谷公園で行われる盆踊りは都心型の盆踊りとしても人気です。

2017年の「日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会」の日程や時間、アクセス方法、屋台情報などについてご紹介します。

スポンサーリンク

日比谷公園盆踊り2017の日程と時間

今年で第15回目となる「日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会」は、2003年に日比谷公園開園100年を記念して復活しました。

都内最大級の盆踊り大会で、誰でも気軽に参加できるため、昨年は2日間で約4万人もの人が訪れています。

盆踊りというとやぐらを囲んで輪を作って踊るイメージがありますが、この日比谷公園の盆踊り大会では公園の大噴水を囲んで踊りの輪が何重にも広がります。

これだけの人が踊っている盆踊りはなかなか見られないのではないでしょうか。

誰でも参加OKですので、行かれる方は是非盆踊りにも参加してみましょう。

【日比谷公園盆踊り2017の概要】

日程:2017年8月25日(金)、26日(土)
   ※小雨決行

時間:18:00~21:00

場所:日比谷公園大噴水周辺特設会場 及び 第二花壇芝生広場

お問い合わせ:03-3503-1561(日比谷公園丸の内音頭大盆踊大会実行委員会事務局)

浴衣で着ている方もたくさんいらっしゃいますので、浴衣をお持ちの方は浴衣で行かれてはいかがでしょうか。

日比谷公園盆踊りへのアクセス方法

日比谷公園(千代田区日比谷公園1-5)

電車でのアクセス方法

・東京メトロ「日比谷駅」「霞ヶ関駅」より徒歩2分
・都営地下鉄三田線「日比谷駅」「内幸町駅」より徒歩3分
・JR「有楽町駅」より徒歩7分
・JR「新橋駅」より徒歩10分

車でのアクセス方法

・首都高速都心環状線 霞が関出入口から約3分
・首都高速八重洲線・東京高速道路 西銀座JCTから約5分

駐車場

・タイムズ日比谷駐車場

所在地:千代田区日比谷公園1
営業時間:24時間(年中無休)
収容台数:463台
駐車料金:8:00 ~ 22:00 30分300円、22:00 ~ 翌朝8:00 30分150円
     当日1日最大2,700円(タイムズクラブカード割引 2,300円)

・日比谷自動車駐車場

日比谷公園入口すぐの場所にある地下駐車場です。

所在地:千代田区日比谷公園1-2
営業時間:24時間(年中無休)
収容台数:470台
駐車料金:8:00 ~ 22:00 30分300円、22:00 ~ 翌朝8:00 30分150円
     当日1日最大2,700円

スポンサーリンク

日比谷公園盆踊りの屋台

日比谷公園の盆踊り大会ではたくさんの屋台が並びます。

定番のタコ焼きや唐揚げ、焼きそばといった屋台はもちろん、松本楼などの地元の有名店も屋台を出しています。

他にも、エスニックやジンギスカンなどの世界の料理まで並びますので、屋台グルメが満喫できます。

屋台は噴水横の芝生広場にずらりと立ち並びますので、あちこち覗いてみてください。

日比谷公園盆踊りの屋台は料理のレベルが高めなので、食べ歩くのも楽しいですよ。

座ってのんびり飲食を楽しみたい方は、レジャーシートを持って行くと、芝生に敷いて座れます。

手ぬぐいを買って抽選会に参加しよう!

日比谷公園の盆踊り大会で毎年人気なのが、豪華賞品が当たる抽選会です。

この抽選会は丸の内音頭の歌詞をプリントした「丸の内音頭手ぬぐい」を購入した人だけが参加できます。

過去の賞品にはデジカメや帝国ホテルのお食事券、ブランドバッグなどがありました。

丸の内音頭手ぬぐいは1日1000枚限定で販売されます。

まとめ

日比谷公園の盆踊り大会は大勢の人が集まる都心型の盆踊り大会です。

屋台を食べ歩くだけだと1時間くらいで見終わってしまうので、盆踊りの輪に入って一緒に踊ってみてはいかがでしょうか。

盆踊りは見様見真似で踊っている人も多いので、初めての人でも大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました