自転車通学の雨対策!靴やカバンが濡れない方法は?

生活

中学生や高校生、大学生などで自転車通学をしている場合、雨の日はレインコートを着ても靴やカバンが濡れてしまうのが悩みですよね。

今回は自転車通学の雨対策として、靴やカバンが濡れない方法をご紹介します。

雨の日に自転車に乗る際に参考になさってください。

スポンサーリンク

▼PICK UP▼
自転車通学は雨の日どうする?靴やカバンや前髪が濡れない方法!

自転車通学で靴が濡れない方法

サンダルを履く

夏場などの裸足でも寒くない季節でしたら、裸足にクロックスなどの濡れても大丈夫なサンダルで自転車に乗るという手もあります。

靴下とタオル、靴は持って行き、学校に付いてから履き替えましょう。

難点は、見た目があまりカッコよくないことでしょうか。女子にはこの方法はちょっと厳しいかもしれませんね(;´▽`A

あと、学校でサンダルでの登校が禁止されている場合もこの方法は使えません。

長靴やレインシューズを履く

朝から雨が降っていたり、雨が降るのがわかっている場合は長靴やレインシューズを履くのも良いでしょう。

最近ではおしゃれなデザインの長靴やレインシューズもありますから、雨を防ぎながら足元のおしゃれも楽しめます。

難点は、隙間から雨が中に入って靴下が濡れてしまうのと、帰りに雨がやんでしまうとちょっと恥ずかしいことでしょうか。

ビニール袋を靴に巻く

レジ袋のようなビニール袋を靴の上から履いてゴムでしっかりと留めます。

見た目は悪いですが、家にあるものですぐにできて、雨を防ぐことができます。

レインシューズカバーを使う

レインシューズカバーなら、普段履いている靴の上に履くだけなので長靴やレインシューズを用意する必要もないし、サンダルのようにいちいち履き替える手間もかかりません。

カバンの中に入れておけば、突然の雨にも安心なのも良い点です。

【シューズカバーを選ぶ時のポイント】

・完全防水仕様
・靴のサイズにあっている
・持ち運びしやすい
・ゴムやファスナーで履き口がしっかり閉じられる

シューズカバーには使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがあります。

使い捨てタイプの方が薄手でかさばらないので持ち運びはしやすいですが、耐久力は繰り返し使える方が高いようです。

こちらは使い捨てタイプのレインシューズカバーです。手頃な価格で雨に濡れるのを防いでくれると好評です。

ただ、耐久力が低いので長い時間歩いたりすると破れてしまいそうなのと、足をついた時に滑ることがあるので注意が必要です。

こちらは繰り返し使えるタイプのレインシューズカバーです。使い捨てタイプよりも作りがしっかりしており、靴底が滑りにくくなっているので安心ですね。

いざ履こうとしたら靴の上から履けなかったということがないように、サイズをしっかり確認してから購入するようにしてください。

使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプ、どちらが良いかはお好みで決めると良いでしょう。

自転車通学でカバンが濡れない方法

カバンをごみ袋に入れる

最も簡単な方法がごみ袋などの大きめの袋に通学カバンを入れることです。

袋だけ持ち歩けば突然の雨でも大丈夫ですし、コストもかかりません。

問題は、見た目が良くないことですね。

見た目が気になる場合は次の方法もおすすめです。

カバンの中身だけをごみ袋に入れる

カバンの中身だけをごみ袋などのビニール袋に入れれば、見た目は普通のカバンなのでカッコ悪くなりません。

問題は、突然の雨だと間に合わないことと、カバン自体が雨に濡れてしまうことですね。

カバンの中身を書類ケースに入れる

教科書やノートなどをプラスチック製の書類ケースに入れてからカバンに入れておけば、雨が降っても濡れずにすみます。

ごみ袋に強化書類を入れるのよりもすっきりきれいに収納ができますし、普段からそうしておけば突然雨が降っても慌てずにすみます。

書類ケースは100均でも売っていますので、書類ケースにいれるひと手間がかかる以外はコストもさほどかからず良いですね。

完全防水のカバンを使う

通学用のカバンを購入する際に、完全防水仕様のかばんやリュックを買っておくと雨が降っても安心です。

ただ、少々の雨なら大丈夫な雨に強い素材の物はたくさんありますが、完全防水のカバンは少ないので、雨に強い素材のカバンに次に紹介するカバーをつける人の方が多いようです。

レインカバーを使う

普段使っている通学かばんに雨用のカバーをかぶせて濡れるのを防ぐ方法です。

バッグの形や大きさに合わせたものを選びましょう。

こちらは学生鞄などの通学カバン用のレインカバーです。完全防水ではないので、大雨の日はビニール袋にカバンを入れてからこのカバーをした方が良いかもしれません。

こちらは通学リュック用のレインカバーです。ゴムだけでなくストッパーバンドが付いていますので、風に飛ばされにくいのが良いですね。

ザックカバーやリュックカバーを購入する際は「リュックに固定できて飛ばされない構造になっている」ものを選ぶのがおすすめです。

きちんと固定できないと風に飛ばされてしまう恐れがありますので、サイズも確認しましょう。

自転車の前かごにレインカバーを付ける

カバンを前かごに入れている場合は、自転車の前かごにレインカバーを付けるのもありです。

こちらのレインカバーは自転車の前かごにすっぽりかぶせるだけでOKです。収納袋付きで持ち運びも楽なので、カバンに入れておくと良いですね。

自転車のかご以外に鞄やリュックにも使えるのも便利です。

まとめ

自転車通学の雨の費対策として、靴やかばんが濡れない方法をご紹介しました。

突然の雨に困らないように、普段から準備しておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました