浴衣へのバッグの合わせ方!巾着以外は?合わないものは?

夏になると、夏祭りや花火大会などで浴衣を着る機会がありますよね。

浴衣は洋服と違うから、どんなバッグ合わせたら良いのかわからなくて困りませんか?

こちらでは浴衣を着たときのバッグの合わせ方や、巾着以外で浴衣に合うバッグ、浴衣には合わないバッグについてご紹介します。

スポンサーリンク

浴衣へのバッグの合わせ方

浴衣を素敵に着こなすためには、小物使いも重要なポイントです。

手ぶらで出かけるわけにはいきませんから、バッグも浴衣に合った物を選びましょう。

浴衣に合わせるのなら、バッグはあまり大きいものよりも小さ目の方がバランスが良いです。

素材やデザインが和風で夏向けの涼しげなものでしたら浴衣に似合う物がいろいろありますので、合わせてみましょう。

定番は巾着

浴衣に合わせるバッグで定番は巾着です。

和柄ですし、素材が布ですので浴衣にはぴったりです。

浴衣売り場に行くと一緒に売っていることが多いので、浴衣の柄に合わせたものを選びましょう。

巾着は浴衣にも合いますし可愛いのですが、小さくてあまり中身が入らないのと、あまり入れすぎると形が崩れてしまうのがちょっと困りますよね。

最近はかごと巾着がセットになったかご巾着もありますので、巾着だけだと使いにくいと感じる方は、かご巾着を使ってみてはいかがでしょうか。

こちらのかご巾着は取り外しできるかごバッグと巾着がセットになっていますので、持ちやすくサイズも少し大きめなので便利です。

スポンサーリンク

浴衣の時のバッグで巾着以外のものは?

浴衣には巾着以外のバッグも合わせることができます。

・がま口バッグ

以前はちょっと年配の方向けのイメージがあったがま口バッグも、最近は可愛いデザインのものが出てきて若い方にも人気になっています。

口が大きく開くので巾着よりも中身が出し入れしやすいですし、洋服にも合わせられます。

ショルダーバッグにもなる2WAYタイプもありますので、そういったものを選ぶと普段使いもできますよ。

・竹かごバッグ

竹かごバッグも浴衣との相性が良いです。

浴衣を着て人ごみに行くときはバッグの口が大きく開いているものだと中が丸見えになってしまって心配ですので、巾着が付いているタイプだと安心です。

こちらは黒いかごバッグに落ち着いた色合いの無地の巾着がとてもシックで大人っぽいですね。

落ち着いた大人の雰囲気で浴衣を着こなしたいときに合いそうです。

こちらは飴色の竹かごバッグにレトロ柄の巾着が可愛いバッグです。

合わせる浴衣によって、大人っぽくも可愛らしくもなりそうですね。

・アタバッグ

バリ島の伝統工芸であるアタバッグも最近人気です。

アタバッグは天然アタ植物の乾燥茎を使用して、職人さんがひとつひとつ編み上げています。

機械とは違う、手作りならではの温かみや趣があるバッグです。

こちらのアタバッグは切り替え編みがされており、可愛さと上品さを兼ね備えたシルエットになっています。

浴衣はもちろん、ワンピースやカジュアルスタイルにも似あいますよ。

・クラッチバッグ

クラッチバッグもデザインによっては浴衣に合わせることができます。

お手持ちのクラッチバッグがある方は、浴衣に合うか鏡の前で試してみるといいですよ。

こちらのアーガイル柄のクラッチバッグは、着物や浴衣用として作られています。

あまりたくさん荷物は入りませんが、モダンなデザインが素敵ですね。

・円形のかごバッグ

ころんとした丸い形が可愛らしい、円形のかごバッグです。

マグネットで開閉しますので中身が出し入れしやすく、口が閉じているので人ごみに行っても安心です。

小さく見えますが、長財布も入りますので普段使いもできます。

浴衣はもちろん、洋服にも合わせやすいので便利です。

他にも、キラキラした素材のビーズバッグやワイヤーバッグなども合わせられます。

新しく浴衣用のバッグを買わなくても、お手持ちのバッグで合う物があるかもしれませんので、まずは手持ちのバッグを合わせてみてはいかがでしょうか。

浴衣に合わないバッグとは?

通勤で使うような大きいサイズのバッグは浴衣には合いません。
革製のがっしりした感じのバッグなどは避けましょう。

ショルダーバッグは肩にかけられて楽なのですが、浴衣にはあまり合いませんし着崩れの原因になるのでやめた方が良いです。

浴衣の時はバッグは肩からかけずに手で持った方が上品で可愛いですよ。

また、着物用だからと言って、振袖用の草履バッグは色や柄が浴衣とあっていても格が違うので浴衣には使わないようにしましょう。

まとめ

浴衣に合わせるバッグは洋服に合わせるものでも使えます。

季節がら涼しげなデザインの物を合わせましょう。

浴衣用に新しく買うのであれば、浴衣でも洋服でもどちらにも合うものを選んでおくと普段のお出かけにも使えて便利ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!