体操服の泥汚れの落とし方!漂白やオキシクリーンは効果的?

生活

子供が持ち帰ってきた体育着が泥んこだったという経験がある方も多いことでしょう。

泥汚れは普通に洗濯しただけでは落ちないので、ママにとっては悩みの種ですよね。

こちらでは、体操服の泥汚れの落とし方や、シミになってしまった泥汚れを漂白する方法、オキシクリーンで洗うのは効果があるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

体操服の泥汚れの落とし方

雨上がりなどに外で着たのか、子供の体操服が泥んこになっていて、思わず「うわ~」と悲鳴をあげそうになった経験はありませんか?

私は何度もあります。

何も雨上がりで泥んこの日に外で体育なんてしなければいいのに~と何度思ったことか。

体操服についた泥汚れは、洗濯機で洗濯しただけでは落ちないし、茶色くシミになってしまったりするから困りものなんですよね。

泥汚れを見るとつい水洗いをしたくなりますが、水洗いはNGです。

なぜなら、泥汚れは砂や泥の粒が繊維についている状態なので、繊維と繊維の間に入りこんだ砂や泥の粒をかきださないといけないんです。

水洗いやつけおき洗いをしてしまうと、砂や泥の粒が繊維と繊維の奥の方に入りこんで落ちにくくなりますので、逆効果になってしまいます。

まずは、乾いた状態で泥を落とすところから始めましょう。

 

体操服の泥汚れの落とし方

 

①体操服についた泥を叩いて落とす

泥は乾いた状態の方が落としやすいので、体操服についた泥の部分を強めに叩いて落としましょう。

叩くとパラパラと泥の粒が落ちますので、落ちてこなくなるまでパンパンと叩きます。

使い古しの歯ブラシで繊維の方向に合わせて一方向にこすってかき出すのも良いです。

 

②ぬるま湯と固形石鹸で洗う

水よりもぬるま湯の方が汚れが落としやすいので、ぬるま湯を用意します。私はお風呂に入るくらいの温度(40℃くらい)のお湯で洗いました。

体操服をお湯に濡らし、洗濯用の固形石鹸を泥汚れの部分にまんべんなく塗りつけて泡立てながらもみ洗いをします。

石鹸がモコモコに泡だったら、洗濯ブラシを使います。

洗濯ブラシはあまり力を入れすぎず、軽い力で生地の折り目に沿って一方向に向かって動かします。

こうすることで繊維の奥に入りこんだ泥をブラシの毛がかき出してくれます。

手でごしごしもみ洗いしたこともありますが、洗濯ブラシを使った方が力もいらないし落とすのも楽でした。

洗濯ブラシはスーパーなどの洗濯用品の売り場に行けば、大抵売っていると思います。

泥汚れを落とすときに一つあると便利です。

 

これで大体の泥汚れは落ちると思います。

固形石鹸なんて本当に落ちるの? と私も半信半疑でしたが、やってみたらきれいに落ちたのでびっくりしました。

ぬるま湯と固形石鹸で大体落ちますが、最後に洗うときに体操服を裏返して熱めのシャワーを当てると、更に泥汚れが簡単に落ちますよ。

シャワーの水圧を一番高くすると、水圧で繊維の間についた泥を押しだしてくれるので、泥汚れがきれいになります。

シャワーで火傷をしないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

固形石鹸はもし持っていないのであれば、ウタマロが落としやすいです。

スポンサーリンク

体操服の泥汚れのシミを漂白する方法

泥汚れが酷かったり、上手く落とせなくて茶色いシミになってしまうこともあります。

そんなときは、酸素系漂白剤を試してみてください。

酸素系漂白剤には液体タイプのものと粉末タイプのものがありますが、粉の方が漂白力が強いです。

泥汚れを落とすときには、粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

 

漂白のやり方

①泥汚れのシミの部分に粉末タイプの酸素系漂白剤を多めに振りかけます。

②上からお湯を少しかけます。

お湯をかけると酸素系漂白剤から泡が出始めます。その泡が繊維に残った泥をかきだして、シミを漂白してくれます。

泡が出終わり、シミが消えていたらすすいで普通に洗濯しましょう。

 

全体的に茶色っぽくなってしまっているときは、40℃くらいのお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤をシミ抜きの分量だけ溶かし、30分~1時間くらい体操服をつけおきしてみましょう。

それで白くなることが多いです。

体操服の泥汚れにはオキシクリーンが効果的?

オキシクリーンという粉末タイプの酸素系漂白剤が衣類のシミや汚れが良く落ちると人気です。

乾いた状態で泥や砂を叩き落としてから、40℃~60℃のお湯にオキシクリーンを溶かし、体操服をつけおきます。

つけおく時間は汚れ具合によるようで、使っている方のレビューを見ると、汚れた体操服を一晩つけおきして洗ったらきれいに落ちたという方もいるようです。

ただ、オキシクリーンは洗浄漂白力が強いので、長時間つけおきすると色落ちしてしまうことがあります。

また、ゼッケンに油性マジックで名前を書いている場合は、油性マジックのインクが溶けだしてしまうことがあるので注意が必要です。

油性マジックのインクが溶けだしてシミになってしまうと、そのシミはオキシクリーンでは洗い落せないので、事前に試してからつけおきするようにしましょう。

体操服のラインやロゴなども、色落ちしないか試してから使った方が良いですよ。

まとめ

体操服の泥汚れは、水洗いやつけおきすると汚れが落ちにくくなりますので、しないようき気を付けましょう。

乾いているうちに泥をしっかりと叩き落とし、ぬるま湯と固形石鹸で洗うときれいになりますよ。

CHECK!>>体操服の汗ジミや黄ばみの落とし方!漂白すれば落ちる?

CHECK!>>体操服の黒カビの原因と落とし方!カビキラーを使っても大丈夫?

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました