抱っこ紐の暑さ対策グッズで役立つのは?保冷剤やケープはどう?

育児

抱っこ紐は両手が自由になるから赤ちゃんとのお出かけに便利ですが、体が密着している分暑いので、夏場などは暑さ対策が必須です。

今回はそんな抱っこ紐での暑さ対策に便利なグッズをご紹介します。

最近はいろいろな暑さ対策グッズがありますので、上手く活用してくださいね。

抱っこ紐の暑さ対策グッズ

保冷剤

抱っこ紐でのお出かけに活躍するのが保冷剤です。

食べ物を買ったときに付いてくるような保冷剤は凍らせると硬くなってしまうので、赤ちゃんに使う場合は凍らせても硬くならない保冷ジェルがおすすめです。

このような保冷ジェルをガーゼや薄いタオルで包み、赤ちゃんの背中と抱っこ紐の間やママと赤ちゃんのお腹の間に挟みます。

冷たいと感じるくらいだと冷やし過ぎなので、気持ちよいと感じる程度になるように調節しましょう。

暑い時はすぐに保冷剤もぬるくなってしまうので、長時間お出かけするときには予備の保冷剤を小さめの保冷バッグなどに入れて持ち歩くのがおすすめです。

抱っこ紐によっては赤ちゃんの背中の部分に保冷剤を入れられるポケットが付いているものもあります。

ポケットが付いていない場合は次に紹介する保冷シートを使うと楽です。

保冷シート

抱っこ紐・ベビーカー兼用保冷シート(保冷剤付き)

こちらの保冷シートは抱っこ紐にもベビーカーにも取りつけることができます

紐で固定するだけなので、どのメーカーの抱っこ紐でもOK。

保冷シートの表面は優しい綿パイル地なので肌触りも良く汗を素早く吸収してくれます。

保冷シートは2個に分割して使えますので、冷やす面積を調節することができます。

カドリーひんやりカドリー ビトウィーンパッド

こちらは赤ちゃんとママとの間に挟んで使います。クリップで挟むだけだから取りつけも簡単です。

生地の表面は吸水速乾に優れたダブルガーゼなので赤ちゃんの肌にも優しくて安心。

中に入れる冷媒ジェルは水道水をかけるだけで冷たくなりますので、冷凍庫で冷やさなくてもいつでもどこでも使えるのが便利です。

抱っこ紐用ケープ

日本エイテックス ユグノー シャダンケープ

こちらは「SHADAN(シャダン)」という機能生地で作られたケープです。

UVカット効果(UVカット率97%以上)と遮熱効果があり、体感温度を3度下げる効果があります

吸水速乾効果もありますので、汗も素早く吸収してくれますよ。

抱っこ紐の他にベビーカーでも使えますし、エアコンが効いている場所では冷えすぎの防止にも役立ちます。

抱っこ紐に取り付けできる扇風機

Baby Hopper(ベビーホッパー) ベビーカー&ベビーキャリア用ポータブル扇風機

こちらは抱っこ紐に取りつけることができるポータブル扇風機です。

360度風向きを調節することができ、風量も2段階に調節することができます。

単3アルカリ乾電池×2本で約15時間連続運転可能。

ベビーカーにも取りつけできますので、ベビーカーでのお出かけにも使えるのが良いですね。

日傘を使う

ママが日傘を差せば赤ちゃんにも直接日差しが当たるのを防ぐことができます。

UVカット率だけでなく、遮光率も高い日傘を選ぶと体感温度が大分違います。

100%完全遮光日傘 晴雨兼用 折りたたみ

こちらは遮光率も紫外線、赤外線、可視光線も100%カットする日傘です。

傘の裏地がブラックラミネート加工されていますので、照り返しも吸収してくれます。

私も以前日傘を買い替えたときに驚いたのですが、遮光率の違いで日傘を差した時の体感温度ってすごく違います。

遮光率が高い日傘の方が涼しく感じますので、日傘を購入する際はUVカット率だけでなく遮光率もチェックするのがおすすめです。

また、赤ちゃんを連れてのお出かけの場合は折り畳みができる日傘の方が使わないときに畳んでしまっておけるので便利です。

ガーゼやてぬぐいなどを使う

自宅にあるガーゼやてぬぐいを水で濡らして赤ちゃんの首の後ろに巻いて冷やしてあげると、それだけでも体温を下げられるのでおすすめです。

綿100%のてぬぐいは肌触りも良いし乾きやすいので、出かけるときに一枚持ち歩くと良いですよ。

私は子どもが小学生になった今でも、夏場はよく手ぬぐいを一枚バッグに入れて出かけます。

暑さ対策に使っても良いし、自分の首に巻いて日焼け対策にもできるので手放せません♪

まとめ

抱っこ紐での暑さ対策に役立つグッズをご紹介しました。

夏場のお出かけは赤ちゃんもママも暑くて大変ですよね。

熱中症になると大変ですから、しっかり暑さ対策をして出かけましょう。

ママが熱中症になっても大変なので、ママもこまめに水分補給をしたりして気を付けてくださいね(⌒∇⌒)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました