広島みなと夢花火大会2017のアクセスと駐車場!場所取りは?

花火大会

約1万発の花火が夜空を彩る、広島の夏の風物詩である「広島みなと夢花火大会」が今年も開催されます。

こちらでは2017年の「広島みなと夢花火大会」の日程や会場へのアクセス方法、駐車場、場所取りについてご紹介します。

スポンサーリンク

広島みなと夢花火大会2017の日程とアクセス

2003年から始まった「広島みなと夢花火大会」では、スターマイン、水中花火、型物花火など、尺玉を含む約1万発もの花火が打ち上げられ、例年40万人以上の人が訪れます。

音楽とシンクロしたミュージック花火やメッセージ花火もあり、見どころ満載のプログラムで楽しませてくれますよ。

広島みなと夢花火大会2017の日程

【開催概要】

日程:2017年7月22日(土)
   ※雨天決行(台風などの場合は中止または延期)

時間:オープニングイベント 19:00~19:40
   花火大会 20:00~21:00

場所:広島港1万トンバース(広島市南区宇品海岸3丁目)

打ち上げ場所:広島港1万トンバース沖

打ち上げ数:約10,000発

お問い合わせ:082-247-6805 (平日 9:00~17:45)
       広島祭委員会事務局事業推進本部

こちらは昨年のフィナーレを飾った花火です。

今年はどんな花火が見られるのか今から楽しみですね。

広島みなと夢花火大会2017へのアクセス

電車でのアクセス方法

JR広島駅から広島電鉄広島港行に乗り(約25分)「海岸通」下車後、徒歩約15分

シャトルバスでのアクセス方法

例年、花火大会当日はJR広島駅より花火会場入り口直通の有料シャトルバスが運行されます。

正式な発表は公式HPで7月中旬頃にありますが、昨年と同じでしたら以下のようになります。

運行時間:会場行きのバス…16:00~20:00頃まで随時
     帰りのバス…21:00~22:40頃まで随時

・広島バス

広島駅⇔花火大会会場入り口(競輪場手前マツダ西門)
(バスを降りてから会場までは徒歩約500m)

乗り場:広島駅(南口) Aホーム2番のりば

会場までの時間:約15分(交通状況によりもっとかかることもあります)

料金:大人230円、こども120円

・広島電鉄バス

広島駅⇔花火大会会場
(バスを降りてから会場までは徒歩約100m)

乗り場:広島駅(南口) Aホーム1番のりば

会場までの時間:約18分(交通状況によってはもっとかかることもあります)

料金:大人260円、こども130円

混雑を避けるのなら早めの移動がポイント

オープニングイベントが始まる19時頃になると、シャトルバスも広島電鉄も混雑します。会場には早めに行くことをおすすめします。

また、帰りは花火会場にいる人が一斉に帰るため、行き以上の大混雑となります。

シャトルバスに乗るまでに一時間待ちということもあるようです。

混雑を避けるのであれば、花火を最後まで見ないで早め(15分~30分前くらい)に切り上げて帰ることをおすすめします。

スポンサーリンク

早めに帰る場合はシャトルバスがありませんので、広島電鉄(路面電車)か広島バス(路線バス)を利用しましょう。

広島みなと夢花火大会の駐車場

広島みなと夢花火大会には駐車場はありません。

また、例年17時~23時まで交通規制が行われるので、宇品地区への車の乗り入れが難しくなります。

車で行かれる場合は、JR広島駅周辺の有料駐車場に停めて電車やバスで行くのが良いと思います。

広島駅周辺のコインパーキングはこちら

他には、会場近くのイオンやゆめタウンに停める方も多いです。

ただ、イオンの駐車場は、毎年早い時間帯に駐車場が埋まります。

ゆめタウンの駐車場は昨年は夕方でもまだ停められましたが、そこから路面電車で移動しないといけないので、移動時間を考えてやはり早めに行った方が良いと思います。

ゆめタウンの屋上からも花火は見えますので、移動しないでそのままゆめタウンで花火を見るのもアリです。

広島みなと夢花火大会の場所取りについて

広島みなと夢花火大会には、有料の協賛席の他に無料の一般観覧区域があります。

また、入場制限エリアがありますのでご注意ください。

入場制限がかけられたのは、昨年は1万トンバースと中央物揚場でした。

・1万トンバース…限定10,000人
・中央物揚場…2,000人

入場制限がかけられるこの2つのエリアではリストバンドが配布され、リストバンドを持っていないと入場ができません。

リストバンドの配布時間は昨年は1万トンバースが午前7時から、中央物揚場が正午からでした。

今年の配布時間については公式HPで確認してください。

早めに行ってリストバンドをもらわないといけませんが、1万トンバースや中央物揚場は入場制限がされる分ゆっくり見られますし、迫力ある花火が楽しめます。

他には、広島競輪場前の道路も会場に近く、屋台も多いので人気のスポットです。

道路は歩行者天国になっていますので、レジャーシートを敷いて見ている人が多いですよ。

会場内よりも早く帰れるので、帰りのことを考えたら便利な場所ですね。

まとめ

広島みなと夢花火大会は1時間の間に約1万発の花火が打ち上げられ、とても素晴らしい花火が楽しめます。

当日は大変混雑しますので、打ち上げ時間に遅れたりしないように、早めに会場に着いておくのがおすすめです。

場所取りのために日中から行かれる場合は、暑さ対策と水分補給をしっかりしてください。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました