妊娠中にできた脇の黒ずみは産後消える?対策はある?

妊娠・出産

妊娠中は体に様々な変化が表れますが、その中の一つに脇の黒ずみがあります。

服装によっては見える場所ですし、そのまま黒ずみが消えなかったらどうしようと心配になりますよね。

妊娠中に脇の黒ずみができる原因や産後になれば治るのか、妊娠中や産後にできる脇の黒ずみ対策をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に脇の黒ずみができる原因

妊娠中にお風呂や着替え時になんだか目の端に黒いものが映ったような…と思って良くみたら、脇の下が黒い!

いつの間にこんなに真っ黒になってしまったの?
どうして脇の下が黒くなるの?
このまま放っておいたらどうなるの?

いろんな疑問がわいてきますよね。

でも脇が黒ずんだなんてお医者さんにも言えなくて、一人で悩んでいませんか?

脇の黒ずみは妊娠中にはよくあることです。
特別なことではありませんので、心配しなくても大丈夫ですよ。

まずは、妊娠中に脇が黒ずむ原因からみていきましょう。

妊娠中の脇の黒ずみの原因

妊娠中に脇が黒ずむ原因は、ホルモンバランスの変化が原因と考えられています。

妊娠20週くらいからエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していきます。

これらのホルモンはメラノサイトというメラニン色素の色素細胞を刺激して肌内部のメラニン色素が増えるため、色素沈着が起こりやすくなるんです。

脇の下はメラニン色素が多いため、黒ずみやすいんですね。

脇以外にも乳首やデリケートゾーンもメラニン色素が多いため、黒ずみが起こりやすい部分です。

妊娠中にできた脇の黒ずみは産後には治る?

妊娠中は黒ずみが濃くなることはあっても薄くなることはほとんどありませんので、このままずっと黒かったらどうしようと不安になる方が多いです。

でも、妊娠中にできた脇の黒ずみは一時的な変化なので、ほとんどの場合産後時間が経つにつれて徐々に消えていきます。

どのくらいで消えるかは個人差があり、3~4か月で消えたという方もいれば、消えるまで1年くらいかかったという方もいるようです。

黒ずみの原因となったホルモンバランスが産後元の状態に戻るのにともなって徐々に薄くなりますので、あまり心配しすぎなくても大丈夫ですよ。

妊娠中・産後の脇の黒ずみ対策

時間が経てばそのうち消えるといっても、やっぱり脇の下が黒いのは気になりますよね。

脇の下の黒ずみをケアする方法をご紹介します。

◆できるだけ刺激をしない

黒ずみが気になると、ついついお風呂でゴシゴシ洗ってしまいたくなりますが、洗いすぎるのは禁物です。

元々脇の皮膚はデリケートな上に、妊娠中は肌が敏感になって刺激を受けやすくなっていることが多いです。

お風呂で洗うときは、よく泡立てた石鹸で優しくなでるように洗いましょう。

ムダ毛の処理も脇にとっては刺激となります。

継続的な刺激はメラニン色素を刺激して黒ずみができやすくなる原因ともなりますので、ムダ毛の処理にも気を付けましょう。

カミソリや毛抜きでの処理は刺激になるので避けた方が良いです。

ムダ毛を処理するときは、刺激の少ない電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーでもやはり刺激にはなりますので、なるべく処理回数を減らしたりした方が良いですよ。

◆ビタミンEを摂る

ビタミンEは抗酸化作用や血行を促進して肌の新陳代謝を高める効果があるので黒ずみ対策には効果的です。

カボチャ、モロヘイヤ、赤ピーマン、しそ、ほうれん草、大根、さつまいも、アーモンドなど、ビタミンEを多く含む食品を普段の食生活で摂るようにしましょう。

◆保湿をする

普段のスキンケアで脇まで保湿をしている方は少ないと思います。
でも、妊娠中は脇の下も保湿してあげると良いです。

保湿することで肌のターンオーバーが整い、新しい肌に生まれ変わりやすくなります。

新しい肌に生まれ変わることで色素が沈着しにくくなりますので、黒ずみ対策になります。

脇の下の黒ずみ専用のケア用品もありますので、少しでも早く黒ずみを薄くしたい場合はそういった専用のものを使うのも良いでしょう。

スポンサーリンク

専用ケア用品は脇の黒ずみを解消するのに効果的な成分が含まれていますので、早い改善が期待できます。

脇の黒ずみ専用のケア用品

・アットベリー



様々な女性誌などでも取り上げられている、脇の黒ずみ専用のジェルクリームです。

プラセンタ・グリチルリチン酸2Kなどの5種類の美白成分とセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの6種類の保湿成分が配合されています。

桑エキスや天然ビタミンEといった消臭成分も配合されていますので、黒ずみのケアと同時に脇の臭い対策もしてくれます。

日本国内工場で製造されており、無添加で低刺激。

初回購入限定で180日間の返金保証が付いていますので、初めて使う方でも安心です。

・ピューレパール



医薬部外品の脇の黒ずみ対策ジェルです。

プラセンタ・グリチルリチン酸2K・米ぬかエキスといった美白成分の他、トリプルヒアルロン酸・トリプルコラーゲン・天然ビタミンEなどの保湿成分が配合されています。

日本製で無添加・低刺激。

初回購入限定で25日間全額返金保証が付いていますので、肌に合わなかった場合は返金してもらえます。

・クレアフォート



こちらも様々な女性誌で紹介されている黒ずみ対策ジェルです。

プルーン酵素分解エキス・プラセンタエキス・コメヌカエキスなどの5種類の美白成分の他、生コラーゲンやトリプルヒアルロン酸など、全部で19種類の天然由来成分が配合されています。

無添加で低刺激。

初回限定で120日間の全額返金保証が付いていますので、初めて使う方でも安心です。

肌のトラブルにアプローチして美白や保湿の他に毛穴ケアもしてくれれるので、ムダ毛の自己処理で毛穴が目立ってしまっている方はこちらが良いかもしれません。

※この3種類の黒ずみケア用品はどれも無添加で低刺激ですが、妊娠中は肌が普段よりも敏感になっていますので、お使いになる場合はお医者様に相談してから使うようにしてください。

まとめ

妊娠中の脇の黒ずみについて、原因やケア方法などをご紹介しました。

夏場に脇が黒ずんでいると着られる服も限られてしまいますし、とても気になりますよね。

でも、産後ホルモンバランスが整えば自然に薄くなることが多いので、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。

どうしても気になったり、産後なかなか消えないような場合は、保湿などのケアをしてあげましょう。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました