スーツのスカートの向きはどっちが前?ファスナーの位置は?

就職活動などでスーツを着る場合、スカートはタイトスカートが多いですよね。

スーツを着慣れないと、スカートの向きがどちらが前なのかわからなくて、いざ履こうとしたときに困ることがあります。

前後を逆に履いてしまうと恥ずかしい思いをしますので、スカートの向きを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スーツのスカートの向きはどっちが前?

スカートの正しい向き

スーツとセットになったスカートがタイトスカートがタイトスカートの場合、大抵スリットが入っています。

このスリットが後ろになります。

ファスナーはスリットの上に付いているのが一般的なので、ファスナーを後ろ側にするのが正しい向きとなります。

※たまにスリットが左右どちらかについている場合がありますが、リクルートスーツでは見かけませんし、就職活動にはふさわしくありません。

タイトスカートの履き方

ファスナーが後ろにあると、履く時にファスナーを閉めにくかったり、府ホックが留めにくかったりするのが難点ですよね。

そんなときは、ファスナーのある方を前にして履いてファスナーやホックを留めてからスカートをくるりと後ろに回しましょう。

スリットがないスカートでの正しい向きの探し方

スリットが入っていないスカートや、スリットの位置が後ろなのかサイドなのか判断できないデザインの場合は、腰の部分の内側を見てみましょう。

スカートの内側にはハンガーにかけるための紐が付いています。

紐が左右に来る向きが正しい向きです。

スカートがくるくる回ってしまうときの対処法

タイトスカートは歩いているうちにくるくる回ってしまい、気が付いたらスリットが前に来ていた、なんてこともあります(私も何度か経験があります)。

たまにスカートが回っていないかチェックした方が良いですよ。

もしあまりにもスカートが回ってしまって気になる場合は、市販の滑り止めを付けるとスカートが回るのを防ぐことができます。

こちらの「エイトストップ」はアイロンで簡単に接着することができます。
ウエスト部分の内側にエイトストップを付けておくと、スカートが回りにくくなります。

一度アイロンで接着してしまえば洗濯もドライクリーニングもOKなので安心です。

まとめ

スーツのスカートは前後がちょっとわかりにくいので、どちらが前かきちんと確認しておきましょう。

歩いているうちにスカートが回ってしまうこともありますので、面接などの前には必ずスカートの位置を確認するのも忘れずに。

CHECK!>>スーツのスカートのウエストがゆるい!ぶかぶかの時の対処法!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!