大学の卒業式は親も来るもの?親の出席率は?服装は何が良い?

育児

中学校や高校の卒業式は出席する親御さんが多いですけど、大学の卒業式となると親も出席して良いのかと悩む方もいるようです。

学生生活最後の卒業式だから出席したいという親御さんもいれば、来てほしくないというお子さんもいるでしょう。

こちらでは、大学の卒業式は親も出席するのか、出席率はどのくらいなのか、出席する場合の親の服装はどのようなものが良いのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

大学の卒業式は親も出席するもの?

私が学生の頃は大学の入学式も卒業式に親が来るというのは少なかったのですが、最近は親も出席することが増えているようですね。

中には両親だけでなく祖父母まで来ていた、なんてこともあるようです。

大学側から親の出席を止められない限りは、出席するかどうかはそのご家庭の判断で良いと思います。

学校によって違いますが、会場は学生と親で席が分かれていたり、学生の人数が多い学校だと親は別会場でモニターで見るなんてところもあるそうです。

一緒にいられる時間は少なそうですが、子供の成長した姿を見られるのは親としては嬉しいですよね。

卒業式に行きたいと思われるのなら、行った方が良いのではないかなと思います。

でも、場合によってはお子さんに「来ないでほしい」と言われることもあるかもしれません。

そんなときは、お子さんとは別行動で保護者席から見守ってはいかがでしょうか。

お子さんも卒業式は友人たちと一緒にいたいかもしれませんし、男の子だと親と一緒というのは気恥ずかしいのかもしれません。

一緒に行くのは嫌でも、離れたところから見ていてくれるのなら大丈夫かもしれませんよ。

こっそり行って直接声はかけず帰ってくるのなら、お子さんも嫌がらないのではないでしょうか。

メールで「こっそり見に来たけど先に帰るね」などと連絡してみるのも良いと思います。

案外、お友達も親と一緒に来ているのを見て、お子さんから声をかけてくれるかもしれませんよ。

大学の卒業式の親の出席率

大学の卒業式の親の出席率がどのくらいなのか、気になりますよね。

2012年にベネッセ教育研究開発センターが全国の大学生の保護者6,000名に行った調査によると、卒業式への出席率は母親が22.8%、父親が13.5%でした。

想像していたよりも低いなという印象だったのですが、どうでしょうか。

同じ調査で、入学式の出席率は母親が60.4%、父親が25.7%でしたので、卒業式は出席する親御さんが随分減っています。

もちろん、学校によって親の出席率は違うでしょうし、こちらの調査よりも今はもう少し増えているかもしれません。

スポンサーリンク

大学の卒業式の親の服装

スーツやワンピースが一般的

大学の卒業式に出席する際の親の服装は、中学校や高校の卒業式と同じようにスーツやワンピースで大丈夫です。

色は黒やグレー、紺などの落ち着いた色合いが良いです。

主役はあくまでもお子さんですから、保護者の方が目立つ色合いを着るのは避けましょう。

黒いスーツやワンピースを着る場合は、上から下まで真っ黒だと喪服っぽく見えてしまいますので、コサージュを付けたりインナーを少し華やかなものにしたりするのがおすすめです。

ストッキングはベージュが基本です。黒いストッキングやタイツはやめましょう。

足元はスーツの色に合わせたパンプスを。

式典ですのでつま先やかかとが出るタイプのものは避けましょう。

着物の場合

洋装以外にも、着物も素敵ですね。

着物を着て行く場合は、訪問着か付け下げ、色無地が卒業式には良いと言われています。

色は落ち着いたシックな色合いや、淡いクリーム・ピンク・サーモンベージュなどの控えめな色合いがおすすめです。

洋装と同じように、主役であるお子さんよりも目立たないように気を付けましょう。

着物の格や色合いに迷ったら、呉服屋さんに相談してみると良いですよ。着付けを頼む場合は、着付けをしてくれるところで相談してみるのも良いと思います。

まとめ

大学の卒業式は学校側が禁止していない限りは親が出席しても大丈夫です。

大学になると授業参観もありませんから、こういう機会でもないと自分の子供が通っている学校ってなかなか足を運ばないのではないかと思います。

卒業式に出席するのはこれが最後ですから、参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました