ふくしま花火大会2017の日程!アクセスと駐車場は?屋台は出る?

花火大会

福島県福島市の夏の風物詩である「ふくしま花火大会」が今年も開催されます。

2017年のふくしま花火大会の日程や有料席の有無、会場へのアクセス方法、駐車場、屋台情報などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ふくしま花火大会2017の日程

第39回となる2017年のふくしま花火大会は2017年(平成29年)7月29日(土)に開催されます。

迫力ある尺玉やスターマインをはじめ、厄払いや願い事をかなえてくれる縁起花火も打ち上げられます。

今年はどんな花火が福島の夜空を彩ってくれるのか楽しみですね。

【開催概要】

日時:2017年7月29日(土)19:20~20:40
   ※荒天の場合は翌30日に延期

打ち上げ場所:信夫ヶ丘緑地(阿武隈川・松川の合流点)

打ち上げ数:約1万発

有料席:あり

駐車場:あり

トイレの数:仮設トイレ約48基

公式HP:https://www.city.fukushima.fukushima.jp/

お問い合わせ:024-525-3720 ふくしま花火大会実行委員会(福島市商業労政課内)
       ※当日の問い合わせは0180-99-3590

ふくしま花火大会には有料観覧席が2000席用意されています。

花火大会の有料観覧席というと何千円もする場合が多いのですが、ふくしま花火大会の有料観覧席は1人500円ととてもリーズナブルです。

有料観覧席の販売は当日17時から先着順に行われますので、有料観覧席でご覧になりたい方は早めに行くようにしましょう。

有料観覧席

料金:1人500円
場所:信夫ケ丘球場の一部(球場スタンド)
販売場所:当日午後5時から、正面入口で先着に受付

ふくしま花火大会へのアクセスと駐車場

電車でのアクセス方法

JR福島駅から臨時バスで約15分、信夫ヶ丘球場下車、徒歩すぐ

JR福島駅から花火大会会場までは徒歩だと1時間近くかかるため、臨時バスを利用した方が良いです。

臨時バス

◆行き

JR福島駅東口より、16時から19時の間に随時運行されます。
料金は大人300円、小児150円です。

◆帰り

信夫ヶ丘球場からJR福島駅東口へのバスが20時20分から随時運行されます。
料金は大人300円、小児150円です。

JR福島駅東口行き以外にも、蓬莱団地、平田、荒井、庭坂、大笹生のバスも運行されます(20時50分発)。

※臨時バスはNORUCA回数券及びももりんシルバーパスポートは利用できませんのでご注意ください。

車でのアクセス方法

東北道福島西ICから車で20分

スポンサーリンク

駐車場

無料臨時駐車場が1650台分用意されています。

駐車場が使えるのは17時30分から21時30分までです。

・福島競馬場

住所:福島県福島市松浪町9-23
収容台数:1,300台

・あぶくま親水公園

住所:福島県福島市岡部字上川原
収容台数:300台

・北信支所(約50台)

住所:福島県福島市鎌田字中江1
収容台数:50台

これらの無料臨時駐車場が開くのは17時30分です。

駐車場の開場時間には駐車場に入るための列ができ、早い時間帯に満車になってしまいます。

当日は交通規制が行われて周辺道路は渋滞しますので、車で行かれる場合は早めに行くようにした方が良いです。
交通規制情報はこちら

ふくしま花火大会には屋台はでる?

花火大会といえば、屋台を楽しみにしている方も多いですよね。

ふくしま花火大会にも屋台は多数出ます。

主に屋台が出る場所は、花火大会の観覧場所となっている信夫ヶ丘
球場とその周辺です。

早めに行って屋台を見て回るのも良いですよ。

まとめ

ふくしま花火大会は有料観覧席が手ごろな価格で当日買うことができますので、有料観覧席でゆったりと眺めるのも良いでしょう。

会場が駅から離れているため、帰りは車もバスも道路が渋滞するため時間がかかります。

時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました