結婚式の父親はモーニングと礼服どちらを着る?ネクタイや靴は?

冠婚葬祭

結婚式で新郎新婦の父親はどんな服装をするのが正式なのでしょうか。

おめでたい席で恥をかかないためにも、マナーを知っておきたいですよね。

こちらでは、結婚式での父親の服装について、モーニングと礼服どちらを着るかや、ネクタイや靴の合わせ方をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の父親の服装はモーニング?礼服でもいい?

結婚式の服装は、大きく分けると3種類あります。

①正礼装
②準礼装
③略礼装

一般的にホテルや専門式場などで結婚式を行う場合、新郎新婦の父親の服装は「正礼装」です。

正礼装も結婚式の時間帯によって違いがあり、

・昼間の正礼装はモーニング
・夕方から夜の正礼装は燕尾服

となっています。

モーニングや燕尾服は自前のものをお持ちの方は少ないと思います。

結婚式場で一式レンタルできますので、大丈夫ですよ。

ネクタイやポケットチーフなどの小物だけでなく、靴までレンタルできますので、自分で揃える必要はありません。

 

礼服は略礼装になりますので、レストランウェディングなどのカジュアルな結婚式でしたら礼服でも大丈夫です。

中にはモーニングは着慣れないから恥ずかしいとか、レンタルするのは勿体ないから手持ちの礼服で出席したいと思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、ホテルや専門の結婚式場での結婚式では正礼装でお招きした方たちを迎えるのがマナーです。

結婚式の時間帯に合わせて、モーニングや燕尾服を着た方が良いと思います。

 

また、結婚式では両家の服装を合わせることも大切です。

片方がモーニングで片方が礼服では格がつりあいませんので、両家で何を着るか相談して決めた方が良いですよ。

私の場合は、両家とも父親はモーニングを着ました。

実父は自前のモーニングがあったのでそれを着て、義父は一式レンタルして着ていました。

モーニングを着ていると新郎新婦の父親だと一目でわかりますので、そういった意味でも正礼装をされた方が良いと思います。

スポンサーリンク

結婚式の父親のモーニングに合わせるネクタイは?

 

モーニングのネクタイ

モーニングに合わせるタイは、ネクタイかアスコットタイです。

色はシルバーグレーか白黒の縞模様が一般的です。

レンタルされる場合はネクタイもセットになっていますので、セットになっているものを合わせれば大丈夫です。

モーニングのネクタイの結び方はこちらの動画が参考になります。

 

モーニングのワイシャツ

ワイシャツは白無地のウイングカラーシャツかレギュラーカラーシャツを選びましょう。

うちの父は何を思ったのか私の結婚式の際にピンクのワイシャツを着ると言いだしたのですが、義父も白いワイシャツだったのでやめてもらいました。

新郎新婦の父親のワイシャツは白が一般的ですので、白無地が無難です。

こちらの写真では、モーニングに白無地のウイングカラーのワイシャツと白黒縞模様のネクタイを合わせています。

 

モーニングの小物

 

・ポケットチーフ

無難なのは定番の白です。ネクタイの柄とおそろいの柄にしたり、明るい色にするとオシャレに見えます。

 

・カフスボタン

袖口からちらっと見えるのがオシャレなカフスボタン。真珠や白白蝶貝等の白い石を選びましょう。

 

・手袋

手袋も白が一般的です。

結婚式の父親のモーニングに合わせる靴は?

モーニングに合わせる靴は黒のストレートチップかプレーントゥを選ぶのが無難です。

 

・ストレートチップ

つま先の革の切り替えが一文字飾り(ストレート)になったデザインの靴です。

 

・プレーントゥ

つま先(トゥ)の部分に飾りのないプレーンなデザインの靴です。

モーニングをレンタルする場合は靴もレンタルできると思いますので、手持ちに合う靴がない場合は靴もレンタルしてしまうと良いですよ。

 

モーニングに合わせる靴下

靴にばかり気を取られがちですが、靴下も座ると見えますので意外と目立ちます。

靴下は黒無地か白黒縞のどちらかを合わせましょう。白はNGですので気を付けて下さい。

まとめ

結婚式の父親の服装についてご紹介しました。

結婚式の主役は新郎新婦ですが、両家の両親も挨拶をしたりと注目されます。

挙式する場所や時間に合わせた服装で、ゲストをお迎えしましょう。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました