結婚式のバッグは男性は持たない?カメラや荷物がある場合は?

冠婚葬祭

女性が結婚式に招待された場合はパーティーバッグを持っていきますが、男性の場合はバッグを持たない方も多いですよね。

こちらでは、結婚式に男性はバッグを持たないのが基本なのか、カメラなどの荷物がある場合はどんなバッグを持つと良いのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式には男性はバッグを持たないのが普通?

男性が結婚式に出席する場合、必要な持ち物はスーツのポケットに入れ、手ぶらで出席する方が多いです。

実際、私が今までに出席した結婚式でも、ほとんどの男性が手ぶらで出席していました。

女性と違って男性は荷物が少ないので、ポケットに収まってしまうという場合が多いからなのでしょうね。

結婚式に必要な持ち物は、招待状、ご祝儀、財布、ハンカチ、携帯くらいですので、その程度の荷物でしたらバッグは持たずにポケットに入れて行けば大丈夫です。

財布はかさばって入らないようでしたら、結婚式の時だけ小さ目の財布を使っても良いでしょう。

女性の場合もパーティーバッグは小さいので、そのときだけ財布を小さ目の物に入れ替えることがよくします。

 

持ち物で気を付けたいのがご祝儀袋です。ご祝儀袋は袱紗に包んでいくのがマナーです。

袱紗に包んでポケットに入るのであればポケットに入れても良いでしょう。

もし袱紗に包んでしまうとポケットに入らない場合は、袱紗を別に持っていって受付前にご祝儀袋を包むか、バッグに入れて持っていくようにしましょう。

 

カメラを持っていったり、ポケットに入れるとポケットがパンパンに膨らんでしまうようなときは、バッグに入れて行くと良いですよ。

また、真夏のようにポケットに入れておくとご祝儀袋が汗で湿ってしまいそうなときなども、バッグがあった方が良いと思います。

スポンサーリンク

結婚式に男性が持つバッグは?

会場内に持ち込むのなら小さいバッグ

女性と同じく、男性の場合も会場内にバッグを持ち込むのであれば小さいものが基本です。

仕事で使うような、A4サイズの書類が入るビジネスバッグでは大きすぎてふさわしくありません。

大きいバッグで行く際は、バッグはクロークに預け、必要な物だけをポケットに入れて会場に入りましょう。

一眼レフカメラのような大きなカメラを持っていく場合は、カメラケースを会場に持ち込んでも大丈夫です。

カメラケースはテーブルの下などの他の人の邪魔にならない場所に置き、カメラもテーブルには置かないように気を付けましょう。

 

バッグは黒が基本

男性の場合、結婚式で着るスーツはブラックスーツやダークカラーのスーツが基本です。

スーツに合わせ、バッグも黒にしておいた方が無難です。

結婚式はフォーマルな場ですので、バッグの素材は革製が良いです。

色が黒でも素材がビニールや綿などの布だとカジュアルすぎてふさわしくありません。

 

結婚式に男性におすすめのバッグ

年配の男性だとセカンドバッグを持っている方もいらっしゃいますが、セカンドバッグだとおじさんぽくて嫌だなと思う方もいることでしょう。

そんな方にはクラッチバッグがおすすめです。

写真は色がボルドーワインですが、色違いで黒もあります。

こういった感じのクラッチバッグでしたら結婚式はもちろん、普段のお出かけにも使えます。

こちらはセカンドバッグです。私はそんなにおじさんぽいとは感じませんが、いかがでしょうか。

ある程度年齢を重ねると冠婚葬祭に呼ばれることも増えますので、こういった黒いバッグはあると便利ですよ。

まとめ

男性が結婚式に出席する場合は、ポケットに荷物が収まるのであれば、手ぶらでOKです。

ポケットに入り切らなかったり、ポケットがパンパンに膨らんでしまうようなときは、クラッチバッグなどのバッグを持って行くと良いですよ。

大きいバッグで行くときは、クロークに預けるのがマナーです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました