結婚式の二次会の欠席連絡はいつまで?理由やお金はどうする?

冠婚葬祭

結婚式の二次会に招待されたけれど、仕事や用事があって出席できないこともありますよね。

また、一度は出席の連絡をしたけれど、後で行けなくなってしまう場合もあるかと思います。

こちらでは、結婚式の二次会を欠席する場合は連絡はいつまでにするのか、理由はどう伝えるのか、欠席する場合はお金はどうすれば良いのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の二次会の欠席連絡はいつまでにする?

結婚式の二次会の招待を受けたけれど、その日(またはその時間帯)に他の用事が入っていて出席できないことがわかっている場合は、必ず期限内に欠席の返事をしましょう

招待状やメールで連絡が来ている場合は、お祝いの言葉と欠席の理由を添えて返信します。

出席人数の把握は早めにできた方が幹事さんも楽ですので、返事は早くした方が良いですよ。

 

出席すると連絡したのに、後から欠席になってしまった場合

出席すると返事をしたけれど、後で急な仕事が入ったり、家の用事などで行けなくなることもあります。

そんなときは、出席できないのがわかった時点で速やかに欠席の連絡をしましょう

連絡はできるだけ直接会うか電話でした方が相手に誠意が伝わります。

二次会は貸し切りで行うことが多いため、人数を確定しないといけない期日が一般的な飲食店よりも早いことも多いです。

欠席の連絡をした際には、キャンセル料が発生するかどうかも確認しておきましょう。

 

当日になって欠席する場合

身内の不幸や自分の体調不良、子供が熱を出したなど、当日になって急遽二次会に出席できなくなってしまった場合、必ず幹事さんに連絡をしましょう

新郎新婦は結婚式当日はとても忙しいので、新郎新婦に連絡をするのは避けた方が良いです。

幹事さんの連絡先がわからなかったり、連絡がつかない場合は、二次会に出席する知人や会場のスタッフに連絡をするようにしましょう。

結婚式の二次会の欠席理由は伝える?

二次会を欠席する場合、理由をどう伝えたら良いのか迷いますよね。

仕事や他の用事が重なってしまっていて行けない場合は、「予定があって行けない」旨を伝えれば良いでしょう。

おめでたい席なので出席したいのですが、どうしてもはずせない予定があって申し訳ないけれど、といった感じに伝えてみてはいかがでしょうか。

私も今まで結婚式の二次会を欠席したことはありますが、「予定があって行けない」と断ればそれ以上詳しい理由をきかれたことはありません。

 

欠席理由の伝え方で気を付けたいこと

欠席の理由が身内の不幸や病気といった不幸事の時は、伝え方に気を付けましょう。

親しい間柄の相手なら正直に伝えても問題ないと思いますが、そうではない場合は「やむをえない事情で…」などとあいまいに伝えるのが良いでしょう。

金銭的な理由で二次会に出席するのは厳しい場合もありますよね。

そういった場合は、正直に伝えると相手を傷つけてしまう恐れがありますので、「やむをえない事情で」とか「予定があって」といった感じに違う理由を伝えた方が良いですよ。

スポンサーリンク

結婚式の二次会を欠席するときはお金は払うべき?

結婚式の二次会は会費制の場合が多いです。

出席で連絡をしていたけれど欠席することになった場合は、会費はどうすればよいのでしょうか?

まだ出席人数が確定していない時期に欠席を伝えたのなら、会費は払わなくても大丈夫です。

すでに出席人数が確定している二次会直前に欠席することになった場合は、会費を払うのがマナーです。

あらかじめ当日欠席する人がいるのを想定して会費が設定されていたり、追加で参加した人がいて欠席した分の穴が埋まったりした場合には、会費は必要ないと言われるかもしれません。

そのような場合は、会費の代わりに後日改めてプレゼントを贈っても良いですね。

 

二次会を欠席する場合は代わりにお祝を贈る?

結婚式や披露宴には招待されず、二次会のみ招待されたけれど欠席をする場合、お祝いはどうしたら良いのか迷いますよね。

あまり親しくない人の場合は、欠席の連絡をする際に結婚のお祝だけを伝えて、別途金銭や品物でのお祝いは贈らない人もいます。

親しい人や、今度も関係が続く人の場合は、二次会は欠席してもお祝いは別に贈った方が良いと思います。

金銭や品物を贈る以外にも、二次会の会場に祝電を送るという方法もありますので、相手との関係を考えてお祝を贈るかどうか決めてください。

同じように二次会に呼ばれている人がいるでしょうから、その方たちの中で欠席する人がどうするか確認してみるのもいいでしょう。

まとめ

結婚式の二次会を欠席するときは、欠席になるのがわかった時点ですぐに連絡をするようにしましょう。

お祝いの言葉は必ず述べ、欠席の理由だけでなく、出席できなくて残念だという気持ちも伝えると相手が嫌な気持ちにならなくて良いと思います。

親しい方や今後もお付き合いが続く方には、欠席の連絡だけでなく何かお祝を贈っておいた方が今後のお付き合いもスムーズに行くのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました