自転車用レインコートで顔が濡れないもの。つば付きなどのおすすめ

生活

自転車で通勤や通学をする際に、レインコートを着ても顔が濡れてしまうと困りますよね。

フードにツバが付いているなど、レインコートやレインポンチョでも顔が濡れにくいタイプがあります。

今回は顔が濡れないレインコートで人気のものをご紹介します。

自転車用レインコートで顔が濡れないタイプ

こちらは大きなツバが付いたレインポンチョです。楽天市場でも人気の商品です。

前丈:105cm、後丈:80cm、幅:115cm
適応身長:150~175cm

人気の理由は、

ハードタイプのツバが顔をガード

こちらのレインポンチョに付いているツバ(バイザー)はハードタイプでサイズも大きめなので、雨から顔が濡れにくいのが嬉しいですね。

ツバは透明なので視界を遮らないのも◎です。

フードが調節できる

せっかくツバが付いていても、フードが脱げてしまっては意味がありませんよね。

こちらのフードは紐で簡単に調節ができますので、脱げる心配がありません。

着脱も楽々

ポンチョをかぶって首元のマジックテープで留めるだけなので、着脱は簡単。雨が降ってきたらさっと被れば良いので便利です。

前かごまですっぽり

ポンチョの丈は前が長めになっているので自転車の前かごまですっぽり覆うことができます。

かごの荷物も手も濡れないのが良いですね。

風があるときはポンチョがめくれてしまいますので、洗濯バサミなどを用意しておいて前かごのあたりで留めておくのがおすすめです。

口コミでは

服も顔も手も濡れないのでとても重宝しています。適度な重さがあるので風でめくれないのも助かります。

・自転車通学の息子が愛用しています。バイザーが大きいから顔が雨に濡れなくて良いそうです。

かごに入れた荷物まで濡れないし、後ろ部分も余裕があるのでリュックを背負った上にも着られるので便利です。小雨程度なら濡れずにすみます。雨が強いとさすがに足元が濡れてしまいますが、それを差し引いても良い商品だと思います。

・子供の通学用に購入しました。生地もしっかりしているし、顔を雨から守るツバが透明なので視界も良好なので安心です。背中に反射材が付いているのも良いですね。

などなど、顔が濡れにくいと好評です。ただ、土砂降りのときには足元が濡れてしまうようなので、レインパンツを履くなど足元を守る対策が必要ですね。

レインポンチョ 自転車 ツバ付き

こちらのレインポンチョは前に紐が付いていて自転車の前かごに固定することができます。風でめくれるのを防げるのが良いですね。

前丈:約116cm、後丈約78.5cm

ツバの長さは約14cm。クリアタイプなので視界を遮りません。

ポンチョの前が長めなので、自転車の前かごまですっぽりと覆うことができます。

フードの大きさは紐で調節が可能。首元はマジックテープで調節ができます。

裾には反射材が付いているので暗い道でも安心です。

レインポンチョ 袖付き 軽量

こちらはチェック柄がおしゃれなレインポンチョです。袖付きタイプなので、裾が広がりにくく、袖のないポンチョよりも雨が入りにくいのが特徴です。

前丈:110cm、後丈:110cm、袖丈:70cm
袖口幅:17cm、身幅:70cm、裾幅:80cm
クリアバイザーの長さ:13cm
適応身長:150cm~185cm

軽いので着やすく、丈が長いので足が濡れにくいと好評です。

首元はマジックテープで調節することができます。
フードは紐で脱げないように調節できます。

小柄な方だとリュックを背負って着ることもできるようですが、大柄な方や大きなリュックを背負って着るのは難しいようです。

ポンチョの中に大きなリュックを背負って着たい方は、こちらの身幅も大きいタイプが良いと思います。

前丈約120cm×後丈約105cm×袖丈約84cm
適応身長:150~185cm

こちらのレインポンチョは袖付きでも身幅があるので、ポンチョの下にリュックを背負って着ている方も多いです。

生地がしっかりしていて厚みがあるので風にめくれにくいのは良いのですが、難点は重いのと夏場は暑いことでしょうか。

レインスーツ 耐水圧8000mm

上下セパレートタイプのレインウェアです。フードには大きなバイザーついており、顎のボタンでフードが脱げないように留められるので顔が濡れにくいです。

サイズはS・M・L・XLの4サイズ展開です。

Sサイズ:(適応身長)約145~155cm・(着丈)約74cm・(パンツ丈)約94cm
Mサイズ:(適応身長)約155~165cm・(着丈)約76cm・(パンツ丈)約96cm
Lサイズ:(適応身長)約165~175cm・(着丈)約78cm・(パンツ丈)約98cm
XLサイズ:(適応身長)約170~180cm・(着丈)約80cm・(パンツ丈)約101cm

レインパンツが付いているので足まで濡れないのが良いですね。

手首の部分にはゴムがあって二重構造になっているので、雨が袖に入ってこないのも◎です。

ポンチョに比べると着脱に手間がかかりますが、足まで濡れたくない方や、土砂降りの日にはレインスーツがおすすめです。

こちらのレインスーツは耐水圧が8000mmと高めなので、強い雨でも安心です。

レインスーツの下にリュックを背負うのは難しいので、前かごに防水カバーをするなどして荷物が濡れないように対策する必要があります。

まとめ

雨の日でも顔が濡れにくい自転車用レインコートをご紹介しました。

自転車に乗る時間や荷物の大きさなどにあわせて、使いやすいものを選んでくださいね。

楽天市場には他にも自転車用レインコートが多数ありますので、良かったらそちらもご覧になってみてください。

CHECK!自転車用レインコート 顔が濡れにくいもの(楽天)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました