自転車通学の雨の日対策!前髪が濡れない方法!

生活

自転車で通学をすると、レインコートを着ていても前髪が濡れてしまうのが困りますよね。

風があったりすると、前髪だけでなく、フードが脱げて顔も頭もびしょ濡れなんてことだってあります。

今回は自転車で通学する際に前髪が濡れない方法をご紹介します。良かったら参考になさってください。

スポンサーリンク

自転車通学で前髪が濡れない対策は?

せっかく前髪をセットしても、雨で濡れてしまっては台無しですよね。

学校に着いてからいちいち直すのも手間がかかりますし、できるだけ濡れないようにするのがベストです。

髪の毛が濡れるのを防止するには?

・つばのある帽子をかぶる

野球帽のようなつばがある帽子をかぶり、帽子の上からレインコートのフードをかぶると前髪が濡れるのを防げます。

自宅にあるキャップでOKなので、手軽にできますね(ただし、帽子が濡れてしまいますが…)。

・サンバイザーを付ける

レインコートのフードをした状態でサンバイザーを付けるのも、髪の毛が濡れるのを防ぐのに有効です。

サンバイザーは透明なものがおすすめ(黒などの色がついているものだと視界が狭くなってしまうため)。

雨用のレインバイザーが市販されていますので、そういったものを購入すると良いでしょう。

こちらのレインバイザーはバックストラップが付いているのでずれずにしっかり付けられます。

つばの角度も調節できるので、顔に雨が当たらないようにすることができます。

ツバが透明になっているサンバイザーは100均などでも売っていますので、安いもので試してみるのも良いと思います。

・顔が隠れるタイプの自転車用レインコートを購入する

自転車用の雨がっぱには、顔がしっかりと隠れるフルフェイス型のものもあります。

新しくカッパを買うのなら、ツバが付いていて顔が隠れるものや、フードの顔の部分がボタンやマジックテープで調節できて固定できるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

こちらのレインポンチョはフードに大きめのつばが付いています。フードは紐で調節できますので、脱げにくいのも◎ですね。

すっぽりと前かごまでポンチョが覆うので荷物と手が濡れないのも良いですね(⌒∇⌒)

リュックを背負う場合はポンチョの下に背負えば濡れずにすみます。

自転車用レインコートで顔が濡れにくいタイプのものはこちらで紹介していますので、良かったら参考になさってください。

CHECK!自転車用レインコートで顔が顔が濡れないもの。つば付きなどのおすすめ

レインコートのフードが風に飛ばされるのを防ぐには?

レインコートのフード自体が風で飛ばされてしまうと、前髪だけでなく頭全体が濡れてしまうので困りますよね。

顎のところにボタンやマジックテープが付いている場合はそれらをしっかり留めれば飛ばされにくくなりますが、付いていない場合の対処方をご紹介します。

帽子+フードで飛ばされる場合

帽子をかぶってもフードが飛ばされてしまう場合は、フードの下にキャップを被ってから、ヘアピンなどで固定します。

フードの中に風が入らないように、しっかりとピンで留めましょう。

帽子をかぶらずフードだけの場合

・紐の付いたクリップを使う

帽子が飛ばないように紐の付いたクリップをフードの両端に付け、顎に引っかかる形にするとフードが飛ばされません。

↑こういう感じの紐が付いたクリップです。ハットクリップ、ハットキーパー、帽子クリップ、帽子ストッパーなどの名前で売っています。

見た目はちょっとカッコ悪いかもしれませんが、フードが固定できるので便利ですよ。

紐の付いたクリップは100均でも売っているところがあります。

・自分でマジックテープなどを縫いつける

裁縫が得意な方なら、自分で顔の形に合わせてフードにマジックテープなどを縫い付けて調節するという方法もあります。

手間がかかりますし、失敗すると直すのが大変なので、クリップを買ってきた方が楽かなと思います(;´▽`A

雨の日に備えておく

帽子やレインバイザーなどを使っても、土砂降りや横殴りの雨だと濡れてしまう可能性があります。

濡れたときに備えて、タオルは用意しておきましょう。吸水力の高いタオルだと、短時間で髪の毛の水分を拭きとれて楽です。

学校のロッカーにタオルと旅行用の小さなヘアスプレーを用意しておくと安心です。

学校に置いておけない場合は、タオルやヘアスプレーを入れた雨の日用ポーチを準備しておくと、雨の日にカバンに入れるだけなので焦りません。

【用意しておきたいもの】

・タオル(吸水性の高いものがベター)
・ブラシ
・ヘアスプレー

まとめ

雨の日に自転車に乗っても前髪が濡れない方法をご紹介しました。

もしこれから新しくレインコートを買うのであれば、大きめのツバが付いたレインコートを着るのが一番簡単なので、ツバが大きくてフードの調節ができるものを選ぶと良いと思います。

雨の日は視界も悪いし滑りやすいので、気を付けて通学してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました