成人式のスーツはいつどこで買う?相場や色柄は何を選ぶ?

成人式の男性の服装ではスーツを着る方が多いですよね。

既にスーツを持っていれば問題ないのですが、新たにスーツを買う場合はいつ頃どんなスーツを買えば良いのか悩むところです。

今回は成人式のスーツはいつ頃どこで買うのか、予算の相場や人気の色柄などをご紹介します。

スポンサーリンク

成人式のスーツはいつ買う?

成人式のスーツは新しく買う?

成人式に着るスーツは、社会人なら入社式に、学生なら入学式に着たスーツでも大丈夫です。

実際、私の友人たちも大学の入学式に着たスーツで成人式に出席した人が多くいました。

ただ、スーツには春夏ものと秋冬物があり、春夏用は生地が薄めです。

入社式や入学式は春なので、その時に着たスーツが春夏もののスーツだと1月の成人式では寒いかもしれません。

スーツを買う時期

秋冬物のスーツが店頭にたくさん並ぶのは10月頃からです。

成人式のスーツを買うなら、10月からがおすすめです。袖や裾のお直しに時間がかかるのを考えると、12月上旬までには買っておきたいですね。

販売員さんのお話だと、成人式のスーツを買う人が最も多いのは11月頃で、次に多いのが年末だそうです。

遠方に住んでいる方などは、冬休みになって実家に帰省した際に買いに行くからかもしれませんね。

混んでいるときだと店員さんも忙しくてゆっくり相談できないかもしれませんので、丁寧に接客してもらえる10月頃が狙い目です。

セミオーダーやフルオーダーで買うのなら、既製品よりも仕上がりに時間がかかりますので、10月よりももう少し早めに購入された方が良いでしょう。

成人式のスーツはどこで買う?

スーツを売っているお店

・紳士服量販店(アオキや青山、コナカなど)
・百貨店(伊勢丹や三越など)
・セレクトショップ
・イオンなどのスーパー
・インターネット
など

買うときのポイント

・体にあったものを選ぶ

スーツは体に合うサイズを選ぶのが大切です。試着して動いてみて体にフィットするかどうかを確かめてから買いましょう。

試着ができないという点から、インターネットはあまりおすすめしません。

同じサイズでもブランドやデザインによって体型に合う物と合わない物があるので、何件か見て回るのがおすすめです。

・下見をしておくと楽

男の子ってお店を梯子して見て回るのを面倒がることもよくありますよね。

お子さんがあちこち見て回るのを嫌がりそうな場合は、お母さんが事前に下見して値段やデザインを調べておくと良いですよ。

一人の方がじっくり見て回れますし、空いているときに行けばお店の方に予算などを話して相談することもできます。

・子供だけで行かせない

子供だけでスーツを買いに行くと、高額のものを勧められたり、値段を聞きにくくて高いものを買わされてしまうこともあるようです。

スーツを買いに行くときは、お母さんかお父さんが付いていくのがおすすめです。

成人式のスーツの予算と相場

成人式のスーツはいくらくらいのが良い?

成人式のスーツは用途に応じて予算を決めると良いでしょう。

就活にも着る予定なら、着る頻度が高くボロボロになりやすいので安物でOKです。

冠婚葬祭などの行事ようとして長く着る予定なら、オーダーメイドなどの高めのものを購入しておくと良いでしょう。

今後体型が変わってしまう恐れもありますので、その点も考慮して予算を決めると良いと思います。

スーツの値段の相場

・紳士服量販店…20,000円~30,000円ぐらい
・百貨店…40,000円~100,000円ぐらいの価格帯のスーツが多め
・セレクトショップ…70,000円~150,000円くらいの価格帯のスーツが多め
・イオンなどのスーパー…10,000円台からある

量販店やイオンなどだと手頃な価格で購入できます。特にブランドなどにこだわりがない方は、量販店などで買う方も多いようです。

アオキやコナカなどの量販店は大学生協と提携していることがありますので、確認しておくと良いですよ。

百貨店(デパート)のオーダーメイドフェアでは5万円程度でボタンや裏地なども自分で決めることが出来ることがあるので、そういったフェアを利用するのも良いですね。

スポンサーリンク

成人式のスーツはどんな色や柄が良い?

成人式のスーツの色や柄には特に決まりはありません。

色や柄を選ぶ時は、成人式だけに着るのか、就活や結婚式などでも着るのかを考えてから選びましょう。

就活でも着るつもりなら、黒の無地が無難です。

就活で着るわけではなくても、着回しやすさを考えると黒やネイビー系、グレー系が無難ですし人気です。

柄は無地や目立たないストライプだと後々着回しがきいて便利ですよ。

ジャケットのデザインは、販売員さんのお話だとシングルがおすすめだそうです。

スーツも流行がありますので、ベーシックなデザインの方が流行りに関係なく長く着られて安心ということでしょうかね。

「シンプルなんてつまらない。せっかくの成人式なんだから派手に決めたい!」という方は、レンタルがおすすめです。

スーツ以外に準備するもの

スーツを着るときにはワイシャツやネクタイ、靴下、靴なども合わせないといけませんので、購入する際に一緒に揃えておくと安心です。

・ワイシャツ
  
白の無地が無難です。おしゃれしたいならカラーシャツやストライプも良いですね。

・ネクタイ

合わせやすい青や紺系が人気です。ネクタイはいろいろな柄がありますが、無地や織り柄があるものが無難です。派手すぎる柄やキャラクターものは避けた方が良いでしょう。

・靴下
  
男性は見えないと思って手を抜きがちなのが靴下です。座ったときなどに意外と靴下は見えるので、適当なものを履いていかないようにしましょう。

白や短い靴下は避け、スーツの色に合わせて黒や紺にするのがおすすめです。

・ベルト

ベルトは革のベルトをします。革靴の色と合わせておきましょう。

・靴

男性はローファーは避け、スタンダードな黒のプレーントゥのものを選びます。

・コート

成人式が1月の場合は、寒いのでコートはあった方が良いですよね。スーツに合わせ、あまりカジュアルすぎないものを選びましょう。

・その他

絶対に必要というわけではありませんが、ポケットチーフやネクタイピン、カフスボタンがあるとおしゃれです。

まとめ

成人式の男性のスーツを買う場所や時期、人気の色柄などをご紹介しました。

スーツはただ高いものを買えば良いかと言うとそうでもなくて。体型に合ったものを着ていた方がビシッと決まってカッコよく見えることが多いです。

お店やブランドによって合う・合わないがありますので、いろいろ見て回って似合うものを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!