葬式にアクセサリーは必要?つけないのはNG?パールがマナー?

冠婚葬祭

お葬式やお通夜などの弔事の際は、服装や持ち物にも気を遣いますよね。

女性の場合はアクセサリーをどうするかで迷うことも多いと思います。

今回はそんなお葬式でのアクセサリーのマナーについて、アクセサリーは着けた方が良いのか、着けるならパール(真珠)が良いのかなどをご紹介します。

スポンサーリンク

葬儀にアクセサリーは必要?

和装の場合

お葬式やお通夜に参列する際に、和服の場合はアクセサリーは必要ありません

アクセサリーを着けないのが基本ですので、ネックレスやイヤリングを着けてしまうと華美になってしまいます。

結婚指輪と婚約指輪だけは着けても良いとされていますので、その程度に留めておきましょう。

洋装の場合

洋装の場合はパールのネックレスを着けるのが一般的です。

ただ、必ず着けないといけないというわけではありませんので、アクセサリーなしでもマナー違反ではありません

実際、私は何度もお葬式に参列していますが、パールのネックレスを着けている人もいれば、着けていない人もいます。

どちらかというと年配の方に着けている人が多く、若い方はアクセサリーなしの方が多いように思います。

地域によってアクセサリーを着けるのが当たり前というところもありますので、迷ったら一応用意して行って、葬儀場で周りの様子を見て着けるようにしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

お葬式のアクセサリーはパールじゃなきゃダメ?

お葬式で身につけるアクセサリーはパールが基本です。

真珠は涙を意味する宝石なので、故人の追悼の意を表すためお葬式で使用しても良いとされています。

ゴールドやシルバーのように輝きのあるアクセサリーはNGですので避けましょう。

珊瑚やオニキスも黒くても避けた方が無難です。

真珠の色や形は?

お葬式で身につける真珠はホワイトかブラック、または黒に近いグレーです。

パールでもそれ以外の色は装飾品とみなされますので、お葬式にはふさわしくありません。

パールの粒の大きさは7mm~8mm程度の中くらいの大きさがベストです。あまり粒が大きいと華美になってしまうので気を付けてください。

また、淡水パールなどのように形がいびつなものもありますが、お葬式で着ける場合はきれいな球形のものにしましょう。

ネックレスの長さは?

ネックレスの長さは40cm程度が一般的です。長いものは「悲しみが長引く」ことを連想させるので避けましょう。

パールネックレスでも二連や三連になっているものは「不幸を重ねる」とされてNGです。ネックレスは一連のものを選びましょう

イヤリング(ピアス)は?

イヤリングやピアスは土台に真珠が一粒のシンプルなものを選びましょう。

真珠であっても、デザイン性のあるものや吊り下がっていて真珠が揺れるタイプのものはNGです。

金具はゴールドを避け、シルバーやホワイトゴールドが良いです。

ネックレスとイヤリング(ピアス)がセットになっているものもありますが、両方着けてしまうと華やかになりすぎてしまう場合はネックレスだけ着けてもOKです。

まとめ

お葬式のアクセサリーはパールが一般的です。

洋装でアクセサリーを着ける場合はパールのネックレスとイヤリング(ピアス)、結婚指輪や婚約指輪だけにしておきましょう。

アクセサリーは着けなくてもマナー違反ではありませんが、地域や年齢によってアクセサリーがあった方が良い場合もありますので、一つ用意しておくと安心ですよ。

CHECK!>>通夜や葬式で香典不要と言われたらどうすれば良い?

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました