自転車用レインコートで通学に便利なのは?濡れないのは?

生活

お子さんが中学生や高校生になって自転車で通学するようになると、雨の日に備えてレインコートが必要になりますよね。

レインコートも上下セットのものやレインポンチョなど、いろいろなものがありますので、使いやすいものを選んであげましょう。

今回は自転車通学用のレインコートで濡れないものや着脱がしやすい便利なものなどをご紹介します。

スポンサーリンク

レインコートの選び方

雨の日に自転車で傘を差して傘差し運転をしている人を見かけることがありますが、傘差し運転は危険ですし、道路交通法の定める安全運転義務違反となり、摘発される場合があります。

雨の日に自転車を乗る場合は、傘を差さずにレインコートを着るようにしましょう。

自転車通学用のレインコートを選ぶ際は、

・撥水、防水のもの
・視界が良いもの
・自転車に乗りやすいもの

を選ぶと良いです。

レインコートは素材も様々ですが、撥水加工がされているだけで防水生地でできていないものだと水がしみてきてしまいます。

また、雨の日はただでさえ視界が悪いので、レインコートのフードを被った時に前が見えにくくならないように、フードのふちが透明になっているものなどを選ぶと良いですよ。

自転車を漕ぎやすいように、サイズもゆとりのあるものを選ぶのがおすすめです。

冬場などはコートの上にレインコートを着ることになりますので、大きめサイズを選んでおくと安心です。

レインコートの種類

レインコートには、

・上下が分かれたセパレートタイプ
・コートタイプ
・ポンチョタイプ

があります。

セパレートタイプのレインスーツ

 

 

上着とズボンに分かれたセパレートタイプのレインウェアは全身をしっかりカバーしてくれて濡れずにすみます。

長靴やレインシューズ、シューズカバーなどを併用すれば、靴まで濡れないので完璧ですね。

濡れない反面、着るのも脱ぐのも手間なのと、折りたたんでもかさばるのが難点でしょうか。

学校まで距離があり、長時間自転車に乗る場合はこのタイプが良いと思います。

コートタイプ

 

 

レインコートと聞いて真っ先に浮かぶタイプがこちらではないでしょうか。

レインタックコートだと、リュックを背負った上から着られるので、荷物も濡れずにすみます。

裾にマチがあるタイプなら自転車を漕ぎやすいですし、裾がまくれにくいので足元が濡れにくいですよ。

私も学生の頃はこのタイプのレインコートを使っていました。

丈が長い物を選べばスカートまでは濡れませんが、ふくらはぎから下あたりはどうしても濡れてしまうのが難点ですね。

長靴を履いたり、膝くらいまであるシューズカバーを併用すると濡れずにすむと思います。

ポンチョタイプ

 

 

頭からすぽっと被るだけなので着るのも簡単なのがポンチョタイプです。

前にボタンやファスナーがないので、合わせ目から雨が染み込んでこないというのも良い点ですね。

サイズにゆとりがあれば、リュックやカバンを背負った上から着られるので、荷物が濡れずにすんで便利です。

難点は、自転車を漕ぐと裾がめくれやすいところでしょうか。

ある程度重みのある素材のポンチョならめくれにくくなるのでしょうけど、足を動かしたり風に吹かれたりすると、多少めくれるのは仕方がないかなと思います。

コートタイプと同じように、膝から下が濡れやすいので、長靴やシューズカバーを併用して濡れないようにした方が良いと思います。

 
【どれを選ぶ?】

濡れないのは上下セットのものですが、女の子だとスカートの上にズボンは履けないから、コートタイプかポンチョタイプを選ぶようになりますよね。

どのタイプが良いのかは、通学にかかる時間やお子さんの好み、学校の指定があるかどうかなどを考慮して決めると良いですよ。

レインコート以外に用意したいもの

シューズカバー

レインコートだけだとどうしても靴が濡れてしまいます。

中学生や高校生だと長靴はきっと恥ずかしいでしょうから、レインシューズを履くか、シューズカバーを利用すると足元が濡れずにすみます。

シューズカバーは靴だけを覆うタイプもありますし、長靴のように膝まで覆うものもあります。

 

 

こちらは靴だけを覆うショートタイプのシューズカバーです。

上下セパレートタイプのレインスーツを着るのなら、ショートタイプで十分濡れずにすみますね。

 

 

こちらは膝近くまで覆うロングタイプのシューズカバーです。

コートタイプやポンチョタイプはこちらの方がふくらはぎが濡れずにすみます。

かごカバー

 

 

コートタイプやポンチョタイプでリュックをレインコートの中に背負ってしまうのなら必要ありませんが、かごにカバンを入れるのであればかごカバーも必要です。

撥水加工されたかごカバーはデザインもシンプルなものから可愛いものまでいろいろあります。

自分は濡れなかったけどカバンがずぶ濡れ…なんてことがないように、カバンも守りましょう。

まとめ

雨の日に自転車で通学するのは大変ですよね。

濡れて冷たい思いをしないように、お子さんに合ったレインコートを選んであげてくださいね。

CHECK!>>自転車の防寒対策!顔や首や耳が寒い時の防寒アイテム!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました