新庄まつり2017の日程とアクセス方法!有料観覧席はある?

お祭り

山形県新庄市で行われる「新庄まつり」は新庄の夏を締めくくる一台イベントで、国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。

こちらでは2017年の新庄まつりの日程や会場へのアクセス方法、駐車場、有料観覧席の購入方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

新庄まつり2017の日程

新庄まつりは260年という長い歴史と伝統のあるお祭りです。

まつりは8月24日(木)~26日(土)の3日間に行われ、24日には宵まつりが、25日には本まつりが、26日には後まつりが行われます。

新庄まつりのスケジュール

8月24日(月)宵まつり

8:30~:奉納 新庄囃子(戸沢神社・護国神社・天満宮)
9:30~:新庄囃子合同演奏会(駅前ふれあい広場アビエス)
10:00~:戸沢神社例大祭(戸沢神社)
18:00~:灯入式(南本町十字路)
18:30~:宵まつり山車行列(駅前ふれあい広場アビエス)

8月25日(金)本まつり

7:00~:天満宮例大祭(天満宮)
8:30~:まつり行列出発式(天満宮前広場)
9:00~:神輿渡御行列(駅前ふれあい広場アビエス)
10:00~:本まつり山車行列(駅前ふれあい広場アビエス)
15:00~:神輿渡御行列(石川町ごきげん通り)
18:30~:新庄まつり260年記念山車行列(駅前ふれあい広場アビエス)

8月26日(土)後まつり

9:00~:護国神社例大祭(護国神社)
9:30~:小若連囃子演奏会(ゆめりあ「花と緑の交流広場」)
10:00~:奉納 鹿子踊(最上公園)
     新庄まつり交流事業 燦踊祭(駅前通りほか)
15:00~:飾り山車(駅前・本町・大町・中央通り)
15:30~:街中鹿子踊(南本町十字路)
17:00~:手締め式(南本町十字路)

新庄まつりの見どころは、能や歌舞伎、歴史の物語や伝説などを題材として作られた豪華絢爛な山車と、古式ゆかしい神輿渡御行列です。

山車の運行ルートと神輿渡御の運行ルートはこちらで確認できます。
会場案内図

スポンサーリンク

新庄まつり2017へのアクセス方法と駐車場

新庄まつりの会場は新庄駅前交流広場「アビエス」 、新庄駅前通りなどの市内中心部です。

電車でのアクセス方法

JR奥羽本線「新庄駅」下車

車でのアクセス方法

・東京方面より

東北自動車道村田JCT~山形自動車道山形JCT~東北中央自動車道東根IC~国道13号~新庄

・仙台方面より

国道48号~東根~国道13号~新庄
国道4号~大崎~国道47号~新庄

・盛岡、秋田方面より

秋田自動車道横手IC~湯沢横手自動車道湯沢IC~国道13号~新庄

まつりの期間中は神輿・山車運行のため市内各所で交通規制が行われていますのでご注意ください。

駐車場

・新庄駅東口駐車場(山形県新庄市金沢)

収容台数:1,000台
駐車料金:無料

・東山総合公園駐車場(山形県新庄市金沢3070-8)

東山総合公園駐車場より新庄駅東口までは無料のシャトルバスが運行されます。
シャトルバスの詳細はこちら

※アビエスの駐車場は8月24日~26日まで、ゆめりあ北側駐車場は8月23日~26日まで利用できません。

新庄まつり2017の有料観覧席購入方法

新庄まつりでは有料観覧席が用意されています。場所は新庄駅前ふれあい広場「アビエス」(新庄駅西口隣接)です。

今年はユネスコ無形文化遺産登録記念で8月25日のスタンド席が先着1,000名無料となります。

通常なら1,500円の席で無料で観覧できる上に、1,000円相当の記念品も贈呈されるそうですよ。

有料観覧席

・8月24日宵まつり山車行列(19:00~20:30頃)

スタンド席…2,000円
スタンド席以外…1,500円

・8月25日本まつり山車行列(10:00~12:00頃)

スタンド席…1,000名無料招待
スタンド席以外…無料

販売期間

平成29年7月3日(月) ~ 平成29年8月18日(金)
受付時間:午前9時~午後4時(平日のみ)

※受け付けは先着順で行われ、満席になり次第販売終了となります。

購入方法

電話での予約販売となります。

受付専用電話:0233-23-3844

※座席の指定はできません。7月25日以降のキャンセルは返金してもらえません。

まとめ

ユネスコの無形文化遺産に指定された新庄まつり。

山車のパレードは大変迫力がありますので、是非間近でお楽しみください。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました