平等院の紅葉の見頃はいつ?ライトアップの時間は?混雑は?

京都の観光名所の一つでもある宇治の平等院鳳凰堂は、秋になると見事な紅葉が見られます。

紅葉の見頃の時期にはライトアップも行われて、普段とは違う雰囲気を楽しめると人気なんです。

今回は平等院の紅葉の見頃の時期やライトアップの日程、混雑状況などをご紹介します。

スポンサーリンク

平等院の紅葉の見頃や入場料

平等院鳳凰堂の紅葉が見頃な時期

京都の紅葉の時期は場所によって変わりますが、宇治にある平等院では例年11月中旬~12月上旬に見ごろを迎えます。

宇治市は京都市よりも南に位置するので、京都市よりも少し遅く見ごろを迎えることが多いようです。

平等院の境内には約200本もの紅葉がありますので、真っ赤な紅葉に彩られた美しい景色はこの時期ならではです。

平等院鳳凰堂の場所や入場料

【平等院の概要】

住所:宇治市宇治蓮華116
電話:0774-21-2861
拝観時間:庭園8:30~17:30(受付終了17:15)
鳳翔館9:00~17:00(受付終了16:45)
鳳凰堂内部9:30~16:10(20分毎、各回定員50名、受付9:00~先着順)
拝観料:庭園・鳳翔館大人600円、中高生400円、小学生300円
鳳凰堂内部300円

※2019年5月13日(月)~11月15日(金)は堂内修理のため内部拝観は終日中止しています。

平等院の紅葉時期のライトアップ

普段は17時30分までしか拝観できない平等院鳳凰堂ですが、紅葉の時期はライトアップされる夜間特別拝観が行われます。

ライトアップの日時

ライトアップは金・土・日・祝のみ行われます。平日はライトアップは行われていませんので気を付けてくださいね。

2019年ですと、ライトアップが行われるのは以下の8日間です。

・11月16日(土)
・11月17日(日)
・11月23日(土)
・11月24日(日)
・11月29日(金)
・11月30日(土)
・12月1日(日)

期間が限られていますので、上手く予定を合わせてお出かけください。

ライトアップの時間は18:00から20:30(20:15受付終了)です。

拝観料は大人1,000円(中学生以上)、小学生以下無料です。

ライトアップの注意点

①ライトアップは昼夜入替制

ライトアップは18時から始まりますが、日中から拝観していた方も一度外に出なくてはいけません。

通常拝観が終了する17:30からライトアップが始まる18時までの30分間は一旦閉門になりますので気を付けてください。

②夜間拝観料がかかる

ライトアップは日中の拝観券での再入場はできません。夜間特別拝観券を別に購入しないといけませんので、昼間から行かれる場合は注意をしてください。

ライトアップの実施日には、日中から夜間特別拝観券が販売されます(当日分のみ)。昼間のうちに買っておくとすんなり入れて便利ですね。

③公開場所が限られている

ライトアップは公開場所が以下の3か所に限られています。

・庭園
・ミュージアム鳳凰館
・茶房藤花

鳳凰堂内部拝観はできませんので、内部拝観希望の方は日中に行くようにしましょう。

④夜間特別拝観の御朱印は書置きのみ

ライトアップ中も集印所にて御朱印をいただくことはできますが、書置きのみとなります。

夜間特別拝観限定の色かみに書かれており、枚数限定でいただけるのは1人1体のみです。

⑤三脚・一脚の使用は禁止

美しい紅葉を写真に収めようとカメラを持参する方は多いと思います。

平等院では安全面への配慮から、三脚と一脚の使用は禁止されていますので、写真を撮る際は気を付けましょう。

一か所に立ち止まったり、撮影のための場所取りをするのも禁止されていますので、係員の方の指示や誘導に従うようにしてください。

スポンサーリンク

平等院の紅葉の混雑状況とアクセス

紅葉の混雑状況

【日中の混雑状況】

平等院は有名な観光スポットですから、紅葉の時期は毎年混雑します。

紅葉が見頃の時期は、日中でもチケット売り場に長い列ができることがあります。

混雑する時間帯は午前中~お昼過ぎ頃です。

特に、休日には鳳凰堂の内部拝観は数時間待ちになってしまうこともあります。

内部拝観は時間で予約を取らないといけないので、遅い時間に行くともう予約がいっぱいということもあります。

内部拝観も是非したい場合は、早めに行く方が良いと思います。

土日祝日は特に混雑しますので、ライトアップは見なくても良いのであれば、平日に行くのがおすすめです。

【ライトアップの混雑状況】

最も混雑するのはライトアップ開始時の18時頃です。

19時を過ぎると混雑が緩和されてきますので、混雑を避けるのなら19時過ぎに行きましょう。

正面から写真を撮りたい場合は列に並ばないといけません。写真を撮るために20~30分程度並ぶこともありますので、時間に余裕をもって行った方が良いと思います。

平等院へのアクセス

【電車でのアクセス】

・JR奈良線「宇治駅」から徒歩約10分
・京阪宇治線「宇治駅」から徒歩約10分

宇治駅からタクシーで行こうとすると、近いからと拒否されてしまうことがあるようです(;´・ω・)

【車でのアクセス】

・大阪方面から

名神高速から大山崎JCTで京滋バイパスに乗り換え、宇治西ICで降りて一般道を通って平等院へ。

・名古屋方面から

名神高速または新名神高速から瀬田東JCTで京滋バイパスに乗り換え、宇治西ICで降りて一般道を通って平等院へ。

・奈良方面から

京奈和自動車道から城陽ICで国道24号線に乗り換え、一般道を通って平等院へ。

【駐車場】

平等院には専用の駐車場はありません。

平等院南門前の民営「宇治駐車場」か、近隣のコインパーキングなどを利用しましょう。

紅葉の時期はお昼頃までに駐車場が満車になってしまうこともありますので、事前に駐車場の予約をしておくと安心ですよ。

近隣の駐車場の予約はこちらからが便利です。
CHECK!>>個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

まとめ

平等院鳳凰堂といえば、誰でも見たことがある10円玉のデザインで有名ですよね。

池の水面に写る紅葉もまた美しいですし、昼と夜とでは雰囲気がまったく違いますので、両方行って違いを楽しむのも素敵ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!