小学校の卒業式の母親の服装は?パンツスーツや着物はどう?

育児

小学校の卒業式はお子さんにとって大切な節目の日ですよね。

大切な式典ですし、多くの保護者が集まる場なので、どんな服装が良いのか迷ってしまうお母さんも多いことでしょう。

今回は卒業式の母親の服装について、どんな物が良いのか色やデザイン、注意点をなども合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

小学校の卒業式での母親の服装

地域や学校によって違いはありますが、卒業式のママの服装で一番多いのはスーツです。

着やすいですし、卒業式以外にも着まわしができるから便利という点が人気のようですね。

ひと昔前は多かった着物は、今は少数派です。

また、地域や学校によっては保護者は「ブラックフォーマル」が暗黙のルールとなっていることもありますので、事前にリサーチしておくのがおすすめです。

卒業式にふさわしいスーツ

卒業式のスーツの色

卒業式はお別れの式ですので、明るい色合いよりも落ち着いた控えめな色合いがふさわしいです。

グレー、ネイビー、ブラックなどが好まれます。

ブラックのスーツは全身ブラックにしてしまうと喪服っぽくなってしまいますので、コサージュを付けたりインナーを華やかなものにすると良いですよ。

ツイード素材のスーツも着まわしもしやすいので人気です。

デザイン

ジャケット+スカートでもOKですし、ワンピース+ジャケットのワンピーススーツでもOKです。

新たに購入するのであれば、流行のデザインよりも定番のシンプルなデザインを選んでおいた方が長く着られます。

スカート丈

スカート丈はミニはNGです。

膝丈~膝下くらいの丈が上品で素敵ですよ。

パンツスーツはNG?

パンツスーツでも大丈夫です。

時期的にまだ寒いこともありますし、小さなお子さんを連れて行かれたりする場合はパンツスーツの方が便利ですよね。

ビジネススーツっぽくならないように、コサージュやアクセサリーを付けたり、インナーで華やかさを出したりすると良いでしょう。

ブラックフォーマル(礼服)でも良い?

手持ちのスーツはブラックフォーマルしかないという場合もありますよね。

卒業式の保護者の服装はブラックフォーマルという暗黙のルールがある場合を除き、ブラックフォーマルを着てくる方は少ないと思います。

でも、ブラックフォーマルがダメというわけではありませんので大丈夫です。

ブラックフォーマルで気を付けたいのは「喪服」を連想させないこと

普通の黒いスーツとブラックフォーマルでは、同じ黒でも黒の深さが違いますので、一目見ればわかります。

喪服になってしまわないように、コサージュやアクセサリーを付けたりしてアレンジをしましょう。

ブラックフォーマルはボタンも黒いくるみボタンが付いていますので、ボタンを変えても雰囲気が変わります。

ものによっては冠婚葬祭でボタンを付け替えられるように金色の飾りボタンが付いていることもありますので、確認してみましょう。

また、ストッキングを黒にしてしまうと益々喪服になってしまいますので、肌色に近いベージュにしてください。

スポンサーリンク

アクセサリーや靴、バッグ

アクセサリー

卒業式につけるアクセサリーはパール(真珠)が一般的です。

ネックレスは1連でも2連でも大丈夫。スーツの場合は1連のネックレスの方がすっきり見えるので良いと思います。

2連はどちらかというとワンピースの方が似あいますね。

アクセサリーは必ずつけなくても大丈夫ですので、コサージュで胸元を飾っても素敵ですよ。

コサージュ

コサージュを付けると、それだけでシンプルなスーツも華やかに見えます。

あまり濃い色合いのものよりも、淡いピンクやクリーム、白、シルバーなどが上品に見えます。

オーガンジーやレースが素材のコサージュは柔らかくて優しい印象になりますね。

ストッキング

まだ寒い季節なのでタイツを履きたくなりますが、ストッキングを履きましょう。

色は肌色に近いベージュが良いです。

黒のストッキングやタイツはNGですので気を付けてください。

ヒールのあるパンプスを選びます。

ミュールやブーツはNG。パンプスでもつま先が開いているものや、バックストラップのものは避けましょう。

ヒールの高さは自分が歩きやすい高さで良いのですが、あまり高すぎても低すぎてもふさわしくありませんので、5cm~8cm程度のものが良いです。

色は黒が無難です。

バッグ

スーツが黒や紺、グレーなどのダーク系の色合いが多いため、バッグはそれに合わせた黒が一般的です。

黒じゃないとダメというわけではありませんので、スーツに合わせて紺やグレーのバッグを持っても大丈夫です。

大きさはフォーマルバッグのような小さいサイズのバッグが一般的です。

大体、縦が20~30cm、横が30cmくらいの大きさなら、フォーマルバッグ以外のバッグを選ぶと良いでしょう。

実際に卒業式に行くとバッグって結構人によって様々で、冠婚葬祭に使うようなフォーマルバッグの方もいれば、普通のお出かけようのバッグの方もいます。

フォーマル感がある綺麗なバッグなら大丈夫だと思います。

卒業式は配布物があることもありますので、サブバッグを持って行くのがおすすめです。

着物

最近は卒業式で着物を着るお母さんは少なくなってきていますが、着物も素敵ですよね。

卒業式の着物は、付け下げ、訪問着、色無地から選ぶと良いです。

卒業式の主役はあくまでも子供たちですので、あまり目立ちすぎない控えめな色や柄を選びましょう。

ブルーグレー、淡い紫、淡いグリーンなどで派手すぎず落ち着いた柄のものが上品ですね。

帯は袋帯の二重太鼓が礼装としては一般的です。

まとめ

小学校の卒業式の母親の服装は紺やグレー、黒などの落ち着いた色合いのスーツが多いです。

地域や学校によってブラックフォーマルが定番の場合もありますので、事前に他のママに聞いておくと安心です。

卒業式にふさわしい装いで、お子さんの成長した姿を見守ってくださいね。

CHECK!>>小学校の卒業式は父親も出席するもの?参加率は?服装は?

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました