かぼちゃは丸ごとだといつまで日持ちする?保存方法は?

食べもの

かぼちゃを丸ごと一個だと日持ちをするイメージがありますが、どのくらい日持ちするのでしょうか?

保存している間に傷んでしまっては勿体ないから、保存方法も知っておきたいですよね。

今回は丸ごとのかぼちゃどのくらい日持ちするのかや、上手な保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃは丸ごとだといつまで日持ちする?

かぼちゃは水分含有量が少ないため、他の野菜と比べるとかなり長持ちします。

丸ごとで保存した場合の賞味期限は1~2か月程度です。

熟成させると甘味が増す

基本的に、かぼちゃは収穫してすぐに食べるものではありません。

もぎたての方が美味しい野菜もありますが、かぼちゃの場合は収穫してすぐは甘みがすくなくてぼそぼそしているんです。

収穫してから保存しておくことで、熟成してデンプンが糖に変わり甘味が増します。

ですから、農家では倉庫で保管して熟成したころに出荷しているのだそうですよ。

かぼちゃの丸ごとの保存方法は?

かぼちゃは常温で保存することができます。

常温といっても、夏場のキッチンのような高温になる場所は保存には向いていません。

風通しの良い涼しいところで保存しましょう。

温度は10度前後の場所で保存するのが良いと言われています。

きちんと保存しておくと、甘みが増すだけでなく栄養かも上がります。

※傷があると傷の部分から傷みやすくなりますので、あまり日持ちしなくなります。
保存する前に傷がないか確認しておきましょう。
スポンサーリンク

丸ごと保存するときの注意点

ヘタが腐敗していないか確認する

保存している場所の湿気などによって、ヘタが腐敗してきてしまうことがあります。

ヘタの部分に残っている水分が原因で、ヘタの一部に白いカビが生えてきたりするんです。

収穫したてのかぼちゃによくある状態なので、スーパーなどに売っているような農家の倉庫で保存された後のかぼちゃだと、あまりこういう症状は起きないかもしれません。

もしヘタが腐敗してきたら、痛んだ部分を削り取って切り口の水分をふき取り、しっかりと乾燥させながら保存を続けましょう。

本体が腐敗してきたら

ヘタが腐敗すると、ヘタに接している部分やかぼちゃの本体が腐敗してきてしまいます。

かぼちゃの本体が腐敗してきたら、保存はやめて食べてしまいましょう。

以下のような状態のかぼちゃは腐っているので食べない方が良いです。

・異臭がする
・実の部分が黒く変色している
・触るとぶよぶよして柔らかくなっている
・表面が溶けたようになっている

まとめ

まるごとのかぼちゃは常温で1~2か月程度保存することができます。

風通しの良い涼しい場所で保存しておきましょう。

日持ちするとはいっても、温度や湿度にもよりますので、放置しないで時々腐敗が始まっていないか確認した方が良いですよ。

美味しいうちに召し上がってください。

CHECK!>>かぼちゃが固くて切れないときに切る方法!丸ごとの切り方は?

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました