赤ちゃんに一升餅を背負わせるのはいつ?重さは?注文はどこで?

育児

赤ちゃんのお祝い行事はいろいろありますが、その中のひとつに一升餅のお祝いがあります。

「一升餅」「誕生餅」「踏み餅」「背負い餅」など、地域によって呼び名も違えばお祝い方法も違います。

こちらでは、一般的な一升餅のお祝いはいつするのかや、一升餅の意味や重さ、一升餅はどこで注文するのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんに一升餅を背負わせるのはいつ?意味は?

一升餅のお祝いはいつする?

赤ちゃんに一升餅を背負わせる一升餅のお祝いは、1歳の誕生日に行うのが一般的です。

地域によっては「歩きはじめてから」や「初節句」にするというところもあるようです。

また、一升餅を背負わせるのではなく踏ませたり、抱かせたりと、やり方も地方によって違いがあります。

「1歳の誕生日に一升餅を背負わせる」のが一般的ですが、地域や家によってやり方が違う場合は、それぞれのやり方に合わせて行うと良いですよ。

やり方は違っても、お子さんの成長を祝う気持ちは同じですから。

 

一升餅の意味

一升餅の「一升(いっしょう)」と子供のこれからの人生「一生(いっしょう)」をかけ、

『一升食べものに困らないように』

という縁起かつぎの意味があります。

 

また、餅の丸い形から、

『円満な人生を送れますように』

という願いも込められています。

赤ちゃんに背負わせる一升餅の重さは?

一升餅の重さ

一升餅は一升分のお米を使って作られるお餅です。

お米一升は約1.8kg。

お餅はお米を蒸して作るため、一升餅の重さは約2kgくらいです。

1歳のお子さんにとっては、かなりの重さですね。

 

一升餅の種類

伝統的な一升餅は直径20cmくらいの丸い形のお餅です。

でも、大きなお餅だと切り分けて食べるのが大変ですので、最近では半分のサイズのお餅が2つセットになっているものや、小さいサイズのお餅が一升分セットになっているものなどもあります。

小分けの方がお祝いの後におすそ分けをしやすいので便利です。

また、ハート型の一升餅やイラスト入りの一升餅、お祝いグッズがセットになった一升餅などもあります。

どんなお祝いにしたいのかに合わせて、選ぶと良いですよ。

 

風呂敷とリュックどちらで背負う?

伝統的なのは風呂敷ですが、まだ小さなお子さんに風呂敷を背負わせるのは結構大変です。

うちの子も風呂敷を嫌がって泣いたので、風呂敷を背負わせること自体が大変でした。

リュックの方が背負わせるのは楽なので、最近は一升餅のおまけにリュックが付いてくるお店もあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの一升餅はどこで注文する?

一升餅はお餅屋さんや和菓子屋さんで注文できます。

お米屋さんでも注文できるところがあるようですし、お米屋さんがもち米を卸している和菓子屋さんを教えてもらえることもあるようです。

一升餅の値段はお店によって違いますので、何件か電話して値段を聞いてみるのも良いかもしれません。

近くに一升餅を買えるようなお店がない場合は、楽天市場などのインターネット通販でも購入できます。

いくつかご紹介しますね。

 

 

こちらのお店では、一升餅に名入れをしてくれます。名前の他に、生年月日を入れることもできます。

一升餅の形は丸型とハート型から、色は白と紅から、数は1個と2個から選べます。

一升餅をもっと小分けにしたい場合は、3分割と6分割でも注文することができます。

一升餅の他に、風呂敷と背負い袋(リュック)、将来占いの選び取りカードなどが特典で付いてきます。

 

 

こちらのお店でも、一升餅に名前を入れてくれます。

一升餅の形は丸型とハート型から、色は白と紅から選べます。一升餅の数は、1個、2個、3個、4個、6個から選べます。

一升餅の他に、背負い袋(リュック)や選び取りカード、お祝い紙プレートなどが特典で付いています。

 

 

こちらのお店でも、一升餅に名入れをしてくれます。

一升餅の形は丸型で、数は1個と2個から、色は白と紅から選べます。

また、九州方面で人気の踏み餅も注文することができます。

一升餅の他に、風呂敷、名入れ師が書いた「お名前の書」、お名前の書を入れるアートフレーム、職業選択カードなどが付いてきます。

 

 

こちらは小分けタイプで中に餡が入った一升餅です。

一升分のお餅が紅白合わせて20個に小分けされていますので、おすそ分けするのにも便利です。

お持ちの中にはあんこが入っていますので、そのまま食べられます。

一升餅に名前を入れることはできません。

一升餅の他に、リュックやメッセージカードも付いています。

別売りになりますが、おすそ分け用の箱と熨斗紙のセットも注文できます。

まとめ

一升餅のお祝いは赤ちゃんの1歳の誕生日に行うのが一般的です。

一升餅は和菓子屋さんなどでも買えますし、インターネット通販でも購入できます。

お店によって値段も違いますし、一升餅の形や数などもいろいろな種類がありますので、いくつか見比べてから決めると良いと思います。

素敵な思い出にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました