鼻の下の産毛の処理方法!小学生や中学生はどう処理する?

体の悩み

鼻の下の産毛が濃いと、ヒゲみたいに見えて気になりますよね。

カミソリで剃ると余計に濃くなったように見えたり、剃り跡が青くなって目立ってしまって困ったり。

こちらでは、小学生、中学生でもできる鼻の下の産毛の処理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

鼻の下の産毛の処理方法

鼻の下の産毛は目立つ場所なので、産毛が濃くてヒゲのように見えてしまうと、どうしても気になりますよね。

子供って思ったことをすぐに言ってしまうから、小学生くらいのうちはお友達に指摘されてショックを受けたり、からかわれて嫌な思いをしたり。

中学生くらいになると面と向かっては言われないかもしれないけれど、今度は陰で何か言われているのではと心配になりますよね。

鼻の下の産毛が気になって自分で処理している方は女性でも多くいます。

でも、処理方法を間違えると余計に肌を傷めたりする恐れがありますので、お子さんに合った処理方法をお母さんが教えてあげてください。

鼻の下の産毛の処理方法をいくつかご紹介します。

カミソリで剃る

カミソリで剃る場合は、シェービング用の肌に優しいクリームなどを塗って剃ってあげてください。

処理後は肌が乾燥しやすくなりますので、剃った後は保湿ケアをしましょう。

大人の場合は多くても2~3日に1回程度にしておいた方が良いのですが、子供の場合は肌への負担を考えてもっと回数を減らした方が良いです。

小学生のお子さんが自分でカミソリで剃るのは危ないので、大人がやってあげてください。

手軽にできる方法ですが、カミソリで剃るのは肌に負担がかかりますのであまりおすすめしません。

カミソリ負けをしてしまうと痒くなったり痛くなったりすることもありますので、カミソリでの処理はやめた方が良いと思います。

シェーバーで剃る

カミソリと同様に手軽に処理でき、カミソリよりも肌に優しいのがシェーバーでの処理です。

肌を傷つける心配がありませんので、子供でも自分でできるのが良いですね。

シェーバーは顔用の物を使った方が良いですよ。

シェーバーの場合も、剃った後は冷たいタオルなどを当てて肌を落ち着かせ、保湿ケアをするようにしましょう。

カミソリもシェーバーも肌の表面に出ている毛を剃るだけなので、時間が経てば毛はまた伸びてきます。

ある程度伸びたら定期的にまた処理しないといけません。

毛は剃ると濃くなる?

「毛は剃ると濃くなる」というという話を聞きますが、剃ったからと言って毛の量が増えるわけではありません。

剃った後の毛は普通の毛のように先端が細くなっていないため、濃くなったように見えるだけです。

剃ると濃くなるわけではありませんので安心してくださいね。

毛抜きで抜く

産毛を抜いてしまうので剃るよりは次の毛が生えてくるまでに時間がかかり、長持ちします。

ただ、鼻の下の産毛を抜くのはかなり痛いですし、肌を傷める恐れがあります。

あまり繰り返し抜いていると毛が毛穴の中に埋まってしまうこともありますので、この方法はおすすめしません。

スポンサーリンク

永久脱毛をする

永久脱毛してしまえばその後の処理は必要ありませんし、濃い産毛の悩みから解放されます。

永久脱毛には病院で行う医療レーザー脱毛とエステサロンで行うエステ脱毛があります。

どちらも、高校生以下で受けられるところは少ないです。

もし永久脱毛をしたとしても、小学生や中学生はまだ成長期なので、また生えてくる可能性がある点も問題です。

また、私も受けたことがありますが、レーザー脱毛はレーザーを照射する際に痛みがあります。

この痛みを我慢できるかという問題もありますし、レーザーは黒いものに反応するため、日焼けしている状態では受けられません。

小学生・中学生くらいだとプールや体育などで外にいる時間も長いので、日焼けしていて受けられないこともあります。

小学生や中学生でも永久脱毛ができる医療機関やエステサロンはありますが、個人的にはまだ早いかなと感じます。

生理の周期によっても痛みの感じ方や肌への負担は変わりますので、生理周期が安定して、第二次成長期もある程度落ち着いてからでも良いのかなと思います。

抑毛ジェルやローションを使う

小学生・中学生のお子さんには、永久脱毛よりも抑毛ジェル・ローションなどの方が肌への負担が少ないのでおすすめです。

抑毛ジェル・ローションは塗るだけで良いですし、顔にも安心して使えるものを選べば小学生のお子さんでも安心です。

小学生や中学生でも使える抑毛ローション・ジェルをご紹介します。

パイナップル豆乳ローション

親子で使えるムダ毛ケア【パイナップル豆乳ローション】

少しとろみのあるローションタイプのケア商品です。

大豆とアイリス由来のイソフラボンが産毛に働きかけ、使い続けるうちに産毛が気にならなくなって処理する回数が減っていきます。

化粧水なので、お風呂上がりなどに毎日塗るだけでとても簡単。

保湿ケアもできますので、シェーバーなどで剃った後にこれを塗れば、処理後のケアもOKです。

初めて注文された方には、30日以内の全額返金保証が付いていますので、安心ですね。

NEWコントロールジェルME



子供がムダ毛を気にしだしたら⇒お肌にやさしいムダ毛対策ジェル♪

こちらもお風呂上がりに塗るだけで気になる産毛をケアできます。

主成分は天然植物成分で、無香料・合成界面活性剤無添加・人工ジェル化剤無添加・人工着色料無添加だから肌への負担が少なく、お子さんでも安心して使えます。

60日間の返金保証が付いていますので、もし肌に合わなかった場合や、継続しても満足できない場合は、商品のお届けから60日以内であれば使いきっていても返金してもらえます。

どちらも効果はゆっくりですが、毛の量や細さ、伸びる速さなどが変わってきて、処理が楽になったという方がたくさんいらっしゃいます。

シェーバーなどでの処理後のケアも同時に行えます。

まとめ

小学生や中学生で鼻の下の産毛が濃いと、本人がとても気にしてしまうことがあります。

お友達に指摘されて傷ついたりショックを受けたりすることもありますので、お子さんが気にしている様子が見られたら、お母さんから声をかけて処理方法を教えてあげた方が良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました