喪中はがき

冠婚葬祭

喪中はがきは12月に亡くなった場合はどうする?文例は?

年賀状は12月15日から受付が始まりますので、喪中はがきはそれ以前の12月上旬までに届くように出すのが一般的です。 では、12月に身内が亡くなった場合は、喪中はがきはどうすれば良いのでしょうか。 喪中はがきを出すのが間に合わない場合や、年賀状を既に出してしまった場合はどうすれば良いのかについてご紹介します。
冠婚葬祭

喪中はがきは1月に亡くなった場合はどうする?喪中はいつまで?

身内に不幸があったときに、新年の挨拶を控えることを詫びる年賀欠礼状として出す喪中はがき。 1月に身内が亡くなった場合、翌年の年賀状を出しても良いのか、それとも喪中ハガキを出して年賀状は出さない方が良いのか迷いますよね。 今回は1月に身内に不幸があった場合に喪中はがきはどうするのかについてご紹介します。
冠婚葬祭

喪中はがきは相手も喪中の場合はどうする?出さない方が良い?

近親者に不幸があって喪中はがきを出そうと準備していたら、出そうと思っていた相手から先に喪中はがきが届いてしまうことってありますよね。 そんなときには、自分からも先方に喪中はがきを出した方が良いのでしょうか? 今回は喪中の相手に喪中はがきを出すのかについてご紹介します。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました