東武スーパープールへのアクセス方法と駐車場!場所取りは?

レジャー

埼玉県宮代町にある「東武動物公園」内にある「東武スーパープール」は流れるプールや波の出るウェイブプール、「スーパースライダー」や「急流すべり」などが楽しめるウォーターパークです。

大人から子供まで楽しめる「東武スーパープール」へのアクセス方法や駐車場情報、お得な前売り券や場所取りについてご紹介します。

スポンサーリンク

東武スーパープールへのアクセス方法と駐車場

電車でのアクセス方法

東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「東武動物公園駅」下車、徒歩約10分

「東武動物公園駅」からは路線バスも出ており、路線バスに乗ると約5分で着きます。
バスの時刻表はこちら

電車で行く場合、駅から一番近い入口は東ゲート(遊園地側)です。

プールがあるのは西ゲート側なので、東ゲートから入ると園内を横断しなければなりません。

東ゲートからプールまでの距離は約2km。歩くと30分近くかかります。

荷物を持って歩くのが大変な場合は、園内を走るシャトルバス「アニ丸ぶーぶー」(片道300円)を利用すると楽ですよ。
シャトルバスの時刻表はこちら

早く行って場所取りをしたい場合は、タクシーを使って西口に行くのも良いかもしれません。1500円前後くらいで西口まで行けるようです。

車でのアクセス方法

・東北自動車道久喜ICから約20分
・東北自動車岩槻ICから約25分
・東北自動車ETC専用蓮田スマートICから約15分
・圏央道白岡菖蒲ICから約20分

※カーナビ検索を利用する際は、「東武スーパープール」で検索してください。「東武動物公園」で検索をしてしまうと駐車場のない東ゲートの方へ誘導される場合があります。

駐車場

駐車場は東武動物公園の西ゲート側にあります。

住所:埼玉県白岡市爪田ヶ谷425番地
収容台数:3000台
駐車料金:普通車1,000円

※駐車場は近い場所から埋まって行きますので、遅く行くと遠い場所になり、入場口までかなり歩かないといけなくなります。

東武スーパープールの料金と割引券

東武スーパープールの料金

東武動物公園の入場料+プール入場料です。

大人        2,400円
こども(3歳以上)  1,100円
シニア(60歳以上) 1,700円

お得な前売り券

大人        2,200円
こども(3歳以上)  1,000円
シニア(65歳以上) 1,700円

前売り券購入方法

前売り券はコンビニ(ローソン、セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート)店頭の他、インターネットで購入できます。

東武動物公園オフィシャルチケット
 ※チケットの受け取りはファミリーマートで行います
ローチケHMV 
セブンチケット

前売り券は少し安い上に、当日チケット売り場に並ばなくてもすぐに入園することができるので便利です。

鉄道とのセット券

東武鉄道では、鉄道運賃・バス運賃、入園料、プール入場料が割引になった「東武動物公園スーパープールきっぷ」を夏季限定で発売しています。

東武鉄道で行かれる場合には、こちらのセット券もおすすめです。

東武動物公園スーパープールきっぷの詳細はこちら

スポンサーリンク

東武スーパープールの場所取りはどうする?

プールといえば、気になるのは場所取りですよね。

お昼や休憩時間など、できればゆったり休める場所を確保しておきたいものです。

屋根付きの休憩場所や日陰になる場所は開園前から並んでいないと取るのが難しいです。

特に、土日祝日とお盆休みの期間はプールが混雑します。

開園10分前にはもう西ゲートから駐車場付近まで開園を待つ人の長蛇の列ができていることもあります。

早い人だと8時頃には来て並んでいるようですので、日陰やプールサイドに近い良い場所を確保したいのであれば、早く行って並んでおく方が良いでしょう。

場所取りのポイント

・開園前から並んでおく(チケットは事前に用意しておくとチケットの列に並ばないですみます)。

・場所取りは足の早い人(パパなど)が一人で行き、他の人は後から合流する。走る人が多いので、小さなお子さんがいる場合は端によけていた方が安全です。

・入場したら真っ先に場所取りをする(着替えはあとでする)。

・レジャーシートは必須。サンシェルター(テント)があると日向でも中で休めるので楽です。フレーム型テント(かんたんテント)は持ち込み禁止ですのでご注意ください。

・午前と午後では日陰になる場所が変わるので、太陽の動きも計算に入れてどこにするか決める。

有料席

東武スーパープールには、有料の休憩所もあります。有料席の申し込みは、場内のサービスカウンターで行います。

・ロイヤルシート(5,000円)

椅子×4、サマーベッド×2、テーブル×1があります。場内に24か所あります。

・パラソルシート(3,000円)

パラソル×1、椅子×3、サマーベッド×1、テーブル×1があります。場内に135か所あります。

家族連れの方には有料席が広いですし場所取りをする必要もないので便利です。

有料席も午前中に満席になってしまうことが多いので、やはり早めに行った方が良いでしょう。

事前に予約することはできませんので、早く行って入場したら真っ先にサービスカウンターに行って申し込むようにしてください。

⇒サービスカウンターと有料席の場所はこちらで確認できます。

まとめ

東武スーパープールは大人から子供まで楽しめます。

電車で行くとプールまでは距離がありますので、お子さん連れの場合はバスやタクシーを利用した方が良いと思います。

入場料には動物園と遊園地の入場料も含まれていますので、プールで遊んだあとは動物園や遊園地で遊ぶこともできます。

ただ、遊園地は乗りものの料金が必要になりますので、予算オーバーなんてことも…

遊園地までお子さんを連れて行くかどうかは、予算と相談して決めた方が良いかもしれません。

閉園時間が近くなるとシャワーブースや更衣室が混雑しますので、早めに切り上げた方が帰りもすんなり帰れます。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました