口紅の使用期限はどのくらい?未使用の場合は?開封後は?

美容

気が付いたら使いかけの口紅が何本も溜まっていて、「これ買ったのいつだっけ?」なんて思うことはありませんか?

こちらでは、口紅の使用期限について、未使用(未開封)の場合と開封後の場合ではどのくらいなのかをご紹介します。

スポンサーリンク

口紅には使用期限はある?

何年も前に買った口紅が使いかけのまま残っていたり、もらいものの口紅が未使用のまま引きだしに眠っているなんてこと、ありませんか?

私もいつ買ったのか記憶が曖昧な口紅が、途中まで使った状態で何本も引きだしに入っています。

食べものの消費期限は結構気にしますけど、そういえば口紅の使用期限って今まであまり気にしていなかったんですよね。

でも、口紅にも使用期限はあるんです。

口紅は直接肌に塗る物ですし、唇に塗りますから場合によっては食事の際に体内に入ります。

そう考えると、使用期限を気にせずに使うのって心配ですよね。

古くなった口紅を使うと肌荒れを起こしたりする恐れがありますので、注意が必要です。

口紅の使用期限がどのくらいなのか覚えておき、使用期限以内になるべく使いきるようにしましょう。

口紅の使用期限は未使用だとどのくらい?

一般的に未開封の状態で保管されていた口紅の使用期限は3年です。

ここで重要なのが保管されていた場所です。

たとえ3年以内でも、高温多湿な場所や直射日光の当たる場所だと口紅が劣化してしまっている恐れがあります。

車のダッシュボード付近のように高温になる場所だと口紅が溶けたり折れやすくなりますし、お風呂場や脱衣所のような湿気が多い場所だと雑菌やカビが繁殖しやすくなります。

3年という使用期限はあくまでも適切な環境で保管されていた場合ですので、保管環境に気を付けましょう。

未開封の場合は、3年以上経っていても特に臭いや変色などの変化がないようであれば使えることもあります。

ただし、商品の安全性を保障するものではありませんので、ご自身の判断で使用してください。

匂いや色がおかしいなと感じたら使わない方が良いと思います。

スポンサーリンク

口紅の使用期限は開封後だとどのくらい?

一度開封して使ってしまうと、使用期限は短くなります。

開封すると使用するときに空気に触れますので、酸化が起こるためです。

口紅の場合は食べもののカスや唾液が付いたりしますので、表面に菌が繁殖しやすいです。

菌が唇につくと炎症や発疹を引き起こすことがありますし、口から体内に菌が入ってしまう恐れもあります。

開封後の口紅はできれば半年以内、長くても1年を目安に使いきるようにしましょう。

口紅の伸びが悪くなったり、リップグロスの粘度が高くなってネバネバしてきたら菌が繁殖しているサインですので、使用はやめた方が良いです。

チップやブラシを使って塗るタイプの口紅は、チップやブラシを清潔に保つようにしてください。

異臭がしたり変色したりした場合は使うのをやめましょう。

 

私は以前、1年くらい使わなかった口紅を使ったら、唇がカサカサになってしまったことがあります。

色や臭いに変わりはなかったのですが、その口紅を使うと唇がカサカサになって皮がむけてしまうので、怖くなって捨てました。

見た目や臭いに変わりがなくても、使ってみて変だなと感じたらすぐに使うのはやめた方が良いです。

 

口紅の保管方法

キャップをきちんとしめ、直射日光の当たる場所や高温多湿な場所を避けて保管します。

口紅を長時間外気にさらすと、品質劣化や口紅表面の乾燥の原因になりますし、口紅の表面にホコリやカビが付着することがありますので、使い終わったらすぐにキャップをしめましょう。

化粧品を冷蔵庫で保管する方もいらっしゃるようですが、口紅の場合は冷やすと表面に汗をかいたような水滴がついて品質が劣化します。

また、冷やすことでテクスチャーが変化して唇にきれいにつかなくなることもありますので、冷蔵庫で保管するのはおすすめしません。

まとめ

口紅には使用期限があります。

直接肌に触れるものですし、食事の際に体内に入ることもありますので、食べものと同じだけの注意を払いましょう。

使用期限を過ぎた口紅でも、ついつい勿体ないと思って使ってしまいがちですが、思い切って捨てる勇気も大切です。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました